ゆめ

飲食店の家賃はどれくらいで考えれば良いですか?

いずみん

飲食店経営において、家賃は大きな負担となります。家賃が高すぎると、利益を圧迫し、経営を危ぶませる可能性もあります。では、飲食店の家賃は売上の何%程度が理想なのでしょうか?

このブログ記事では、以下の内容について解説します。

  • 飲食店における家賃比率の目安
  • 家賃比率が8%を超えた場合の注意点
  • 家賃比率を下げるためのポイント
  • 家賃以外の固定費の見直し

家賃比率を理解し、適切な店舗選びをすることで、飲食店経営の成功に大きく近づけることができます。

ぜひ、最後までご覧ください!

フクナビ飲食店開業!飲食店の家賃比率の理想値とは?

飲食店経営において、家賃は大きなコストの一つです。家賃が高すぎると利益を圧迫し、経営を苦しめることになります。では、理想的な家賃比率はどのくらいなのでしょうか?

1. 飲食店における家賃比率の目安

一般的に、飲食店における家賃比率は売上の10%以下が理想と言われています。ですが、私は8%以下をオススメ致します。これは、人件費、食材費、光熱費などの他の固定費も考慮した上で、利益を確保するために必要な数字です。

2. 家賃比率が8%を超えた場合の注意点

家賃比率が8%を超えると、利益が少なくなる可能性があります。以下の点に注意が必要です。

  • 売上を増加させる(販売方法を増やす)
  • 家賃を下げる
  • 他の経費を削減する

売上を増加させるためには、顧客満足度を高め、リピーターを増やすことが重要です。それ以外では、販売方法を増やし、売上も増やしましょう。また、家賃を下げるためには、交渉や立地の見直しなどが考えられます。

3. 家賃比率を下げるためのポイント

  • 立地を選ぶ: 家賃は立地によって大きく異なります。繁華街は家賃が高いですが、顧客数も多く見込めます。一方、駅から離れた場所は家賃は安いですが、顧客数は少なくなります。
  • 物件の形状: 複雑な形状の物件は、有効活用できるスペースが少なく、家賃効率が悪くなります。
  • 設備: 設備が充実している物件は、家賃が高くなります。必要な設備のみを備えた物件を選ぶことで、家賃を抑えることができます。
  • 販売方法:イートイン・テイクアウト・デリバリーを行い。家賃リスクを減らすことがもっとも重要です。

4. 飲食店の家賃以外の固定費の見直し

飲食店経営において、家賃は大きな固定費ですが、他にも見直すべき固定費はたくさんあります。家賃以外の固定費を削減することで、利益を増加させ、経営を安定させることができます。

ここでは、家賃以外の固定費の見直しポイントをご紹介します。

1. 光熱費

  • 電力会社やガス会社を比較して、料金プランを見直す。
  • 省エネ設備を導入する。
  • 調理器具や照明器具をこまめに掃除し、効率的なエネルギー使用を心がける。

2. 通信費

  • 携帯電話やインターネット回線の料金プランを見直す。
  • 複数の回線をまとめて契約することで割引を受けられる場合もある。
  • Wi-Fiを導入する。

3. 保険料

  • 必要最低限の保険に絞り込む。
  • 保険会社を比較して、より条件の良い保険を選ぶ。
  • 従業員の労災保険料を削減するために、安全衛生教育を徹底する。

4. リース料

  • リース契約の内容を見直し、必要のないものは解約する。
  • 中古機器を購入することで、リース料を節約できる場合もある。

5. 税理士顧問料

  • 顧問料の内容を見直し、必要最低限のサービスに絞り込む。
  • 自計化できる部分は自計化することで、顧問料を削減できる。

6. その他

  • 消耗品や備品の購入量を見直し、無駄を省く。
  • スタッフの制服やタオルなどのレンタル費用を見直す。
  • クレジットカード決済手数料を下げる。

これらの固定費を見直す際には、以下の点に注意しましょう。

  • 削減によるデメリットも考慮する。
  • 複数の業者を比較して、最適なサービスを選ぶ。
  • 専門家に相談する。

家賃以外の固定費を削減することで、利益を増加させ、経営を安定させることができます。ぜひ、上記のポイントを参考に、固定費の見直しに取り組んでください。

いずみん

飲食店経営において、家賃は重要なコストの一つです。家賃比率を10%以下に抑えることで、利益を確保しやすくなります。物件を選ぶ際には、立地、形状、設備などを考慮し、家賃効率の良い物件を選ぶようにしましょう。

飲食店テイクアウト・デリバリーに最適なシステム!売上アップの兆し【リピッテ】

自店に来店もしくはテイクアウトして頂いたお客様に、携帯のLINEで配達依頼できるサイト!来店して頂きましたお客様にリピッテの告知が出来る事です。

来店予約やテイクアウト、デリバリーの依頼なども出来ます。

たくさん使用しても、システムの料金だけで追加料金なく、お安く飲食店の方たちが御利用できるシステムになります。

イートインのお店にとって大変なのが「電話対応」

イートインのお店にとって大変なのが「電話対応」です。テイクアウトや配達の注文が増えるのはありがたいのですが、電話対応に時間を取られて人件費があがっていませんか?電話対応に疲れてしまったこともありませんか?

ピークタイムが重なり店内が忙しい時に限って電話やテイクアウトのお客様の対応に大忙し!

リピッテでテイクアウト・デリバリーの電話対応を減らそう!

リピッテを導入すれば、お客様はLINEで簡単に配達依頼をすることができます。そのため、電話対応の負担を大幅に減らすことができます。

また、リピッテは、お客様の注文履歴を自動で管理してくれるため、注文間違いや再配達のリスクを減らすことができます。

リピッテは、テイクアウト・デリバリーの電話対応を減らしたい飲食店におすすめのシステムです。人件費の削減や業務の効率化につながります。

リピッテこんな方におすすめ

  • テイクアウトやデリバリーの注文が増えている
  • 電話対応に時間を取られて人件費が気になる
  • 電話対応に疲れている
  • ピークタイムの対応に悩んでいる

リピッテにはこんなメリットがあります

  • 電話対応の負担が大幅に減る
  • 注文間違いや再配達のリスクが減る
  • 人件費の削減につながる
  • 業務の効率化につながる

リピッテをぜひ、検討してみてはいかがでしょうか?

デリバリーでお店の販売方法を拡張しましょう!↓飲食店デリバリー【ゴーストレストラン|バーチャルレストラン】開業