ゆめ

どの種類の看板を選んだら良いのかわからないです!!

いずみん

飲食店の看板は、店舗の顔であり、集客の要です。

看板によって役目が変わります。まずはこの記事で説明いたします。

飲食店の看板は、店舗の存在をアピールし、集客に重要な役割を果たします。

通りすがりの人や、近くを通る人々の目に留まり、興味を惹きつけることで、来店を促すことができます。

飲食店を開業する際には、看板の種類や活用方法をしっかりと考えることが大切です。

本ブログでは、飲食店で利用できる看板の種類と活用方法について、詳しく解説します。

飲食店で利用できる看板は、大きく分けて以下の3種類に分けられます。

ポイントを押さえて、効果的な屋外看板を設置しましょう。

屋外看板とは? 

飲食店の屋外看板は、店舗の存在をアピールし、集客に重要な役割を果たします。通りすがりの人や、近くを通る人々の目に留まり、興味を惹きつけることで、来店を促すことができます。

飲食店の屋外看板のデザインのポイント

飲食店の屋外看板をデザインする際には、以下のポイントを押さえることが大切です。

  • 店舗のターゲット層を意識する

ターゲット層に合わせたデザインにすることで、より効果的に訴求することができます。

  • 店舗の特徴やコンセプトを表現する

店舗の特徴やコンセプトを表現することで、店舗の魅力をアピールすることができます。

  • 視認性の高いデザインにする

通りすがりの人や、近くを通る人々にしっかりと目で留めてもらえるような、視認性の高いデザインにすることが大切です。

  • シンプルでわかりやすいデザインにする

過度な装飾や文字量は、逆に目立たなくなってしまいます。シンプルでわかりやすいデザインにすることで、より印象に残りやすくなります。

屋外看板の種類別の特徴

立看板

店舗の前に設置する看板です。店舗の名称やロゴ、営業時間、メニューなどを大きく表示することで、店舗の存在をアピールすることができます。

立看板は、視認性が高いというメリットがあります。また、店舗の外観に統一感を持たせることもできます。

デメリットとしては、設置場所やサイズに制限があるという点が挙げられます。また、風や雨などの影響を受けやすいという点にも注意が必要です。

立看板

店舗の前に設置する看板です。店舗の名称やロゴ、営業時間、メニューなどを大きく表示することで、店舗の存在をアピールすることができます。

立看板は、視認性が高いというメリットがあります。また、店舗の外観に統一感を持たせることもできます。

デメリットとしては、設置場所やサイズに制限があるという点が挙げられます。また、風や雨などの影響を受けやすいという点にも注意が必要です。

壁面看板

店舗の壁面に設置する看板です。立看板よりも目立ちにくいというデメリットがありますが、店舗の外観に統一感を持たせることができます。

壁面看板は、設置場所やサイズに制限が少ないというメリットがあります。また、風や雨などの影響を受けにくいという点も安心です。

デメリットとしては、視認性がやや低いという点が挙げられます。

壁面看板

店舗の壁面に設置する看板です。立看板よりも目立ちにくいというデメリットがありますが、店舗の外観に統一感を持たせることができます。

壁面看板は、設置場所やサイズに制限が少ないというメリットがあります。また、風や雨などの影響を受けにくいという点も安心です。

デメリットとしては、視認性がやや低いという点が挙げられます。

サイン

店舗の入口や窓などに設置する看板です。立看板や壁面看板に比べて、小さくシンプルなデザインのものが多いですが、店舗の雰囲気を演出することができます。

サインは、店舗の雰囲気を演出するというメリットがあります。また、設置場所やサイズに制限が少ないため、自由度が高いという点も魅力です。

デメリットとしては、視認性がやや低いという点が挙げられます。

飲食店では、店頭や店内などでデジタルサイネージを活用して、集客や販促に効果を発揮しています。今回は、デジタルサイネージのメリットや活用方法、導入・設置のポイントについてご紹介します。

  • デジタルサイネージ

デジタルサイネージとは、映像や画像、文字などを表示する電子看板のことです。飲食店では、店頭や店内などでデジタルサイネージを活用して、集客や販促に効果を発揮しています。

デジタルサイネージのメリット

デジタルサイネージを活用するメリットは、以下のとおりです。

  • 視認性が高い

デジタルサイネージは、映像や画像、文字などを鮮明に表示できるため、視認性が高いというメリットがあります。そのため、通りすがりの人や、店内にいても遠くの席にいる人にも、しっかりとアピールすることができます。

  • 情報量が多い

デジタルサイネージは、映像や画像、文字などを組み合わせて表示することができるため、多くの情報を一度に伝えることができます。そのため、メニューやキャンペーン情報、新商品の紹介などを効率的に伝えることができます。

  • 効果的な訴求ができる

デジタルサイネージは、動きや音などの効果を加えることで、より効果的な訴求を行うことができます。そのため、来店客の興味を引きつけ、行動を促すことにつながります。

デジタルサイネージの活用方法

デジタルサイネージは、飲食店の店頭や店内で、さまざまな目的で活用することができます。

店頭

店頭のデジタルサイネージは、店舗の存在をアピールし、集客に効果を発揮します。店舗の名称やロゴ、メニュー、営業時間などの情報を表示することで、通りすがりの人の目を引くことができます。

店内

店内のデジタルサイネージは、来店客への情報提供や販促に効果を発揮します。メニューやドリンクの紹介、キャンペーン情報、新商品の紹介などを表示することで、来店客の満足度を高めたり、購買意欲を高めたりすることができます。

デジタルサイネージの具体的な活用例

デジタルサイネージの具体的な活用例としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 店舗の名称やロゴを表示する
  • メニューやドリンクの紹介をする
  • キャンペーン情報や新商品の紹介をする
  • 季節やイベントに合わせた情報を表示する
  • 動画や音楽を流す

デジタルサイネージの導入・設置のポイント

デジタルサイネージを導入・設置する際には、以下のポイントを押さえることが大切です。

  • 目的を明確にする

デジタルサイネージを導入する目的を明確にしましょう。集客なのか、販促なのか、それとも店舗の雰囲気を演出したいのかによって、最適なデジタルサイネージの種類や設置場所が変わってきます。

  • ターゲット層を意識する

ターゲット層を意識して、デジタルサイネージのデザインやコンテンツを作成しましょう。ターゲット層に合わせたデザインやコンテンツにすることで、より効果的に訴求することができます。

  • 定期的に更新する

デジタルサイネージは、定期的に更新することで、鮮度感を保つことができます。メニューやキャンペーン情報、新商品の情報など、更新頻度の高い情報は、こまめに更新するようにしましょう。

いずみん

デジタルサイネージは、飲食店の集客や販促に効果を発揮する有効なツールです。上記のポイントを押さえて、効果的なデジタルサイネージを導入しましょう。

【看板マスター】

看板やポスターの張り替えが不要【デジタルサイネージ】

飲食店で看板を活用するメリット!

飲食店で看板を活用するメリットは、以下のとおりです。

  • 店舗の存在をアピールできる
  • 集客を促進できる
  • 店舗の雰囲気やイメージを伝えられる

看板を効果的に活用することで、店舗の認知度を高め、集客を促進することができます。また、店舗の雰囲気やイメージを伝えることで、お客様に好印象を与えることができます。

飲食店で看板を設置する際の注意点!

飲食店で看板を設置する際には、以下の点に注意が必要です。

  • 法令を遵守する
  • 視認性を高める
  • 店舗の雰囲気やイメージに合う

看板を設置する際には、道路交通法や景観条例などの法令を遵守する必要があります。また、看板のサイズやデザインは、店舗の周辺の環境や交通量なども考慮して、視認性を高める必要があります。さらに、看板のデザインは、店舗の雰囲気やイメージに合ったものを選ぶようにしましょう。

いずみん

飲食店の看板は、店舗の存在をアピールし、集客に重要な役割を果たします。飲食店を開業する際には、看板の種類や活用方法をしっかりと考えることが大切です。