ゆめ

オープン後にテイクアウトも出来るようにしたい!

ひかり

売上が足りない!どうしよう?

飲食店のテイクアウト|自店に必要かどうか

  • 自店にテイクアウトの需要があるかどうか
  • 自店のメニューやサービスでテイクアウトに対応できるかどうか
【テイクアウト】で売上アップ!飲食店が今ある設備で成功する方法

コロナ禍を契機に、テイクアウトの需要が高まっています。飲食店にとって、テイクアウトは新たな販路として、売上アップにつながる可能性があります。

いずみん

本記事では、今ある設備で、飲食店がテイクアウトで成功するための方法を解説します。

まずはテイクアウトに便利な【リピッテ】をご紹介します。

フクナビ飲食店がおすすめ!「リピッテ」とは?

自店に来店もしくはテイクアウトして頂いたお客様に、携帯のLINEで配達依頼できるサイト!来店して頂きましたお客様にリピッテの告知が出来る事です。

来店予約やテイクアウト、デリバリーの依頼なども出来ます。

たくさん使用しても、システムの料金だけで追加料金なく、お安く飲食店の方たちが御利用できるシステムになります。

イートインのお店にとって大変なのが「電話対応」

イートインのお店にとって大変なのが「電話対応」です。テイクアウトや配達の注文が増えるのはありがたいのですが、電話対応に時間を取られて人件費があがっていませんか?電話対応に疲れてしまったこともありませんか?

ピークタイムが重なり店内が忙しい時に限って電話やテイクアウトのお客様の対応に大忙し!

リピッテでテイクアウト・デリバリーの電話対応を減らそう!

リピッテを導入すれば、お客様はLINEで簡単に配達依頼をすることができます。そのため、電話対応の負担を大幅に減らすことができます。

また、リピッテは、お客様の注文履歴を自動で管理してくれるため、注文間違いや再配達のリスクを減らすことができます。

リピッテは、テイクアウト・デリバリーの電話対応を減らしたい飲食店におすすめのシステムです。人件費の削減や業務の効率化につながります。

リピッテこんな飲食店におすすめ

  • テイクアウトやデリバリーの注文が増えている
  • 電話対応に時間を取られて人件費が気になる
  • 電話対応に疲れている
  • ピークタイムの対応に悩んでいる

【飲食店必見】リピッテにはこんなメリットがあります

  • 電話対応の負担が大幅に減る
  • 注文間違いや再配達のリスクが減る
  • 人件費の削減につながる
  • 業務の効率化につながる

いずみん

利点だらけの【リピッテ】をぜひ、検討してみてはいかがでしょうか

経営の初心者がテイクアウトをはじめる為に知っておきたいこと!

飲食店がテイクアウトで成功するためには、ターゲット層を明確にし、テイクアウトメニューを充実させるなどの施策が重要です。

また、テイクアウトの注文方法や価格設定、宣伝・告知なども工夫しましょう。

さらに、衛生管理を徹底し、テイクアウトのデータを活用することで、より効果的に売上アップを図ることができます。

1. ターゲット層を明確にする

テイクアウトで成功するためには、ターゲット層を明確にすることが重要です。ターゲット層によって、メニューや価格設定、宣伝方法などが異なります。

例えば、子育て世代をターゲットとする場合は、子どもが食べやすいメニューや、お得なセットメニューを用意するとよいでしょう。


2. テイクアウトメニューを充実させる

テイクアウトメニューは、店内のメニューと合わせて考えましょう。店内の人気メニューはもちろん、テイクアウトに特化したメニューも用意するとよいでしょう。

また、テイクアウトでは、持ち運びやすさも重要です。容器や包装にもこだわり、持ち帰りしやすいメニューを用意しましょう。


3. テイクアウトの注文方法を工夫する

テイクアウトの注文方法は、店頭注文、電話注文、ウェブ注文など、さまざまな方法があります。自店の状況やターゲット層に合わせて、最適な注文方法を検討しましょう。

例えば、子育て世代をターゲットとする場合は、電話注文やウェブ注文を導入すると、子ども連れの利用客もスムーズに注文できるでしょう。


4. テイクアウトの価格設定を検討する

テイクアウトの価格設定は、店内の価格と比較して検討しましょう。テイクアウトの方が割高だと、利用客が離れてしまう可能性があります。

また、テイクアウトの利便性を考慮して、割引やクーポンなどのキャンペーンを実施するのも効果的です。


5. テイクアウトの宣伝・告知を徹底する

テイクアウトの宣伝・告知は、店頭のPOPやSNS、チラシなど、さまざまな方法で行うことができます。

また、テイクアウト専門のポータルサイトに登録したり、デリバリーサービスを導入したりするのも効果的です。


6. 衛生管理を徹底する

テイクアウトでは、衛生管理が特に重要です。食品の温度管理や、容器の清潔を保つようにしましょう。

また、テイクアウト専用の容器や包装を用意し、衛生管理を徹底するのもよいでしょう。


7. テイクアウトのデータを活用する

テイクアウトのデータを活用することで、売上アップにつながるヒントを得ることができます。

例えば、テイクアウトの注文数や時間帯、メニューごとの売れ行きなどを分析することで、人気のメニューや需要の高い時間帯を把握することができます。


本記事で解説した7つの方法を参考に、飲食店がテイクアウトで成功するための取り組みをしてみてはいかがでしょうか。

初心者でもテイクアウトを始めることで、集客や売り上げアップにつながる可能性もあります。しっかりと準備をして、成功させましょう。

飲食店のテイクアウト|メリット

  • 新たな販路として、売上アップにつながる可能性がある
  • テイクアウトサイトを利用することで、新規顧客が獲得できる
  • イートインやデリバリーの顧客をテイクアウトでチャンスロスなく売上を増やすことができる
  • 販売促進費が低コストで始められる

飲食店のテイクアウト|デメリット

  • 衛生管理が重要
  • スピーディーにこなす為、人件費やコストがかかる可能性がある

飲食店がテイクアウトを始める6つのステップを解説!

飲食店がテイクアウトを始めるには、以下の6つのステップを踏む必要があります。

1、どのようなタイプで始めるかを決める

テイクアウトには、大きく分けて以下の2つのタイプがあります。

  • 店内での販売
  • 持ち帰り専門店

それぞれのタイプには、メリットとデメリットがあります。

  • 店内での販売
    • メリット:集客力がある
    • デメリット:スペースや人員が必要
  • 持ち帰り専門店
    • メリット:集客力に左右されにくい
    • デメリット:集客力が低い

自店の状況や目標に合わせて、適切なタイプを選びましょう。

2、必要な届出や申請を行う

テイクアウトを始めるには、場合によっては保健所への届出や申請が必要になります。

  • 店内での販売
    • 特に届出や申請は必要ない
  • 持ち帰り専門店
    • 営業許可が必要になる場合がある
    • 営業許可の種類によっては、営業時間や営業場所の制限がある

管轄の保健所に確認して、必要な手続きを済ませましょう。

3、メニューやオペレーションを決める

テイクアウトのメニューは、店内のメニューと合わせて考えるとよいでしょう。

  • 持ち運びやすいメニューにする
  • 温めや保冷が必要かどうかを検討する
  • 価格設定は、店内のメニューと比較して検討する

オペレーションは、以下のような点に注意して決めましょう。

  • 注文方法(店頭注文、電話注文、WEB注文など)
  • 支払方法(現金、カード、電子マネーなど)

4、備品を用意する

テイクアウトには、以下のようなものを用意する必要があります。

  • テイクアウト用の容器
  • 保冷剤
  • 伝票や領収書

5、予約や決済方法を決める

テイクアウトの予約や決済方法を決めましょう。

  • 予約は、電話やWEBで受け付ける
  • 決済は、現金、カード、電子マネーなどに対応する

6.宣伝・告知する

テイクアウトを開始したことを、周囲に宣伝・告知しましょう。

  • 店頭やSNSで告知する
  • クーポンや割引などのキャンペーンを実施する
テイクアウトを始める際の注意点!
  • 衛生管理を徹底する
  • 持ち運びやすさを考慮する
  • 価格設定を検討する

衛生管理は、テイクアウトの基本です。食品の温度管理や、容器の清潔を保つようにしましょう。

持ち運びやすさを考慮して、容器や包装を選びましょう。また、温めや保冷が必要かどうかも確認しておきましょう。

価格設定は、店内のメニューと比較して検討しましょう。テイクアウトの方が割高になると、利用客が離れてしまう可能性があります。