ゆめ

食材原価が高いけど、下げる方法ないですか?

いずみん

あるよ。在庫ロスを少なくすれば低くなるよ!!

飲食店の経営において、原価率は重要な指標です。原価率が低ければ、利益を上げやすくなります。

しかし、仕入れ価格の高騰や、在庫ロスなどにより、原価率が上がってしまうことも少なくありません。

そんなとき、在庫の食材を活用してメニュー開発をすることで、原価率を下げることができます。

在庫の食材は、仕入れ価格がすでに決まっているため、原価率を下げやすいというメリットがあります。

そこで今回は、在庫の食材を活用してメニュー開発をする方法について、ご紹介します。

飲食店の在庫食材を活用してメニュー開発する方法!

在庫の食材を活用してメニュー開発をするためには、まず、在庫の食材を把握する必要があります。

店舗の棚卸を行い、どの食材がどのくらいの量あるかを把握しましょう。

在庫の食材を把握したら、その食材を活かしたメニューを考えます。

食材の特徴や味を活かすことで、おいしいメニューを作ることができます。

また、在庫の食材を活用したメニューは、季節感を出すことも大切です。旬の食材を使うことで、メニューに新鮮さが生まれます。

さらに、在庫の食材を活用したメニューは、調理のしやすさも重要です。

複雑な調理法は、手間がかかり、コストもかかります。

在庫の食材を活用したメニュー開発の具体的な方法を解説!

  • 食材の組み合わせを工夫する

例えば、在庫の野菜と肉を組み合わせて、肉じゃがや野菜炒めを作るのもおすすめです。また、在庫の魚と野菜を組み合わせて、煮魚やムニエルを作るのもよいでしょう。

  • 食材の加工方法を変える

例えば、在庫の肉をハンバーグやメンチカツにするのもおすすめです。また、在庫の野菜をピクルスや乾燥野菜にするのもよいでしょう。

  • 食材の形状を変える

例えば、在庫の野菜を細切りや角切りにするのもおすすめです。また、在庫の肉をサイコロ状や薄切りにするのもよいでしょう。

在庫の食材を活用してメニュー開発をすることで、原価率を下げながら、おいしいメニューを提供することができます。ぜひ、今回ご紹介した方法を参考に、在庫の食材を活用したメニュー開発にチャレンジしてみてください。

在庫の食材を活用したメニュー開発を成功させるためには、以下のポイントを押さえることが大切です。

  • 在庫の食材の特徴や味を活かす
  • 季節感を出す
  • 調理のしやすさを考慮する

これらのポイントを押さえてメニュー開発を行うことで、おいしいだけでなく、原価率も下げることができるでしょう。

原価率計算をマスターして、飲食店経営の成功を目指しましょう!

飲食店の原価率計算方法

原価率とは、商品の原価を売上高で割った割合のことで、利益率を算出する際に重要な指標です。

原価率が低ければ低いほど、1個を販売したときに得られる利益が多くなります。

商品の原価率を計算する方法は、以下のとおりです。

原価率(%) = 原価 ÷ 売上高 × 100

例えば、商品の原価が100円で売上高が200円の場合、原価率は50%です。

原価率(%) = 100 ÷ 200 × 100 = 50

原価には、材料費、労務費、経費などが含まれます。材料費は、商品を製造するために必要な原材料や部品などの費用です。労務費は、商品を製造するために必要な人件費です。

経費は、製造以外の費用です。

原価率を計算することで、以下のことがわかります。

  • 商品1個あたりの原価
  • 商品の利益率
  • 競合他社との原価率比較

原価率を把握することで、適切な価格設定やコスト削減の検討を行うことができます。

飲食店の原価率を抑えて売上を上げる方法

原価率とは、商品の原価を売上高で割った割合のことで、利益率を算出する際に重要な指標です。

原価率が低ければ低いほど、1個を販売したときに得られる利益が多くなります。

原価率を抑えることは、利益率の向上や経営の安定化につながります。

また、原価率を抑えることで、売上を上げる効果も期待できます。

原価率を抑えて売上を上げる方法は、以下のとおりです。

仕入れ価格を下げることで、原価を抑えることができます。

仕入れ価格を下げるためには、仕入れ業者を複数比較して、より安い業者から仕入れるなどの方法があります。また、仕入れ量を増やすことで、単価を下げることもできます。

飲食店の原価率を抑えて売上を上げるためには、以下の3つのポイントを押さえることが大切です。

  1. 食材の仕入れコストを抑える

食材の仕入れコストを抑えることで、原価率を下げることができます。具体的には、以下の方法が挙げられます。

  • 仕入れ先を複数に分散する
  • 旬の食材を活用する
  • 業務用食材を利用する
  • 食材の端材や残り物を活用する
  1. 人件費を抑える

人件費を抑えることで、原価率を下げることができます。具体的には、以下の方法が挙げられます。

  • 業務の効率化を図る
  • アルバイトやパートを活用する
  • 人件費を抑えた設備や機器を導入する
  1. その他のコストを抑える

その他のコストを抑えることで、原価率を下げることができます。具体的には、以下の方法が挙げられます。

  • 光熱費や水道費を抑える
  • 消耗品の使用量を抑える
  • ランニングコストを抑えた設備や機器を導入する
具体的な方法としては、以下のようなものが挙げられます。
  • 仕入れ先を複数に分散することで、競争原理が働き、仕入れ価格を下げることができる
  • 旬の食材を活用することで、価格を抑えながら、季節感のあるメニューを提供することができる
  • 業務用食材を利用するすることで、一般的なスーパーで販売されている食材よりも、価格を抑えることができる
  • 食材の端材や残り物を活用することで、食材ロスを減らし、コストを削減することができる
  • 業務の効率化を図ることで、人件費を抑えることができる
  • アルバイトやパートを活用することで、人件費を抑えることができる
  • 人件費を抑えた設備や機器を導入することで、人件費を抑えることができる
  • 光熱費や水道費を抑えるために、省エネ対策を実施する
  • 消耗品の使用量を抑えるために、無駄を省くようにする
  • ランニングコストを抑えた設備や機器を導入することで、ランニングコストを抑えることができる

これらの方法を組み合わせることで、飲食店の原価率を大幅に下げることができます。

また、原価率を下げるために、以下のようなポイントも意識しましょう。

  • 売上予測を立て、適切な仕入れ量を把握する
  • 原価率を定期的にチェックし、改善に努める

売上予測を立てることで、適切な仕入れ量を把握し、過剰発注や欠品によるロスを防ぐことができます。また、原価率を定期的にチェックすることで、現状を把握し、改善に努めることができます。

いずみん

飲食店の原価率は、一般的に30%前後と言われています。ですが、私の経験では原価率20%以下に下げることで、利益を増やすことができるだけでなく、競争力を高めることができると考えています。

ロスを減らすことで、原価を抑えることができます。ロスを減らすためには、製造工程の見直しや、在庫管理の改善などの方法があります。

飲食店の食材ロスを減らすことで、利益を増やすことができます。食材ロスを減らすためには、以下の3つのポイントを押さえることが大切です。

  1. 食材の適正な発注量を把握する

食材の適正な発注量を把握することで、過剰発注や欠品によるロスを防ぐことができます。そのためには、売上予測や過去の食材使用量を参考に、発注量を検討しましょう。

  1. 食材の鮮度や品質を管理する

食材の鮮度や品質を管理することで、廃棄ロスを防ぐことができます。そのためには、食材の入荷時に検品を行い、賞味期限を厳守しましょう。また、食材の保管方法にも注意が必要です。

  1. 食材の活用方法を工夫する

食材の活用方法を工夫することで、食材を無駄なく使用することができます。例えば、食材の端材や残り物を活用したメニューを開発したり、食材の賞味期限が近づいたら、割引や特売などの販促をしたりすることで、食材ロスを減らすことができます。

ロスを減らす具体的な方法!
  • 売上予測や過去の食材使用量を参考に、発注量を検討する
  • 食材の入荷時に検品を行い、賞味期限を厳守する
  • 食材の保管方法に注意する
  • 食材の端材や残り物を活用したメニューを開発する
  • 食材の賞味期限が近づいたら、割引や特売などの販促を行う

これらの方法を組み合わせることで、飲食店の食材ロスを大幅に減らすことができます。

また、食材ロスを減らすためには、以下のようなポイントも意識しましょう。

  • スタッフの意識を高める
  • 仕入れや在庫管理のシステムを導入する

スタッフの意識が低いと、食材ロスを減らすための取り組みがうまくいかず、逆にロスを増やしてしまう可能性があります。

そのため、スタッフの意識を高めるための教育や研修を実施することも大切です。

また、仕入れや在庫管理のシステムを導入することで、効率的に食材ロスを管理することができます。

いずみん

飲食店の食材ロスは、年間で数百万円にもなると言われています。食材ロスを減らすことで、利益を増やすことができるだけでなく、環境にも貢献することができます。

生産効率を上げることで、原価を抑えることができます。生産効率を上げるためには、機械化や自動化を導入するなどの方法があります。

飲食店の大量調理で生産効率を上げるためには、以下の3つのポイントを押さえることが大切です。

  1. 調理工程の見直し

調理工程を一つ一つ見直して、無駄な工程や手間を省きましょう。例えば、下ごしらえをまとめて行うことで、調理時間を短縮することができます。また、調理器具や調味料を使い分けることで、作業効率を上げることができます。

  1. 人員配置の見直し

人員配置を見直して、一人ひとりのスキルや得意分野を活かせる体制を整えましょう。例えば、調理経験が豊富なスタッフは、難しい調理を担当するなど、役割分担をすることで、作業効率を上げることができます。

  1. 設備・機器の導入

設備・機器を導入することで、作業の自動化や効率化を図ることができます。例えば、自動調理機や厨房ロボットなどを導入することで、人手不足の解消や作業時間の短縮につながります。

生産効率を上げる具体的な方法!
  • 下ごしらえをまとめて行う
  • 調理器具や調味料を使い分け、作業効率を上げる
  • 調理経験が豊富なスタッフは、難しい調理を担当するなど、役割分担をする
  • 自動調理機や厨房ロボットを導入する
  • キッチンレイアウトを見直す
  • 調理マニュアルを作成して、作業の標準化を図る

これらの方法を組み合わせることで、飲食店の大量調理の生産効率を大幅に向上させることができます。

いずみん

スタッフのモチベーションが低いと、作業効率が低下してしまいます。そのため、スタッフのモチベーションを高めるための施策を講じることも大切です。また、安全性や衛生管理を徹底することで、事故やトラブルを未然に防ぐことができます。

商品単価を上げることで、原価率を抑えることができます。ただし、商品単価を上げすぎると、顧客離れや競合他社との価格競争が激化してしまう可能性があります。

飲食店の商品単価を上げる方法!

単価の高い商品を増やすことで、商品単価を上げることができます。また、サイドメニューやドリンクの価格を下げて販売にすることで、客単価を上げることができます。

ランチやディナーのコースメニューを提供することで、客単価を上げることができます。さらに、セットメニューを提供することで、客単価を上げることができます。

どの方法が効果的かは、店舗の業態やターゲット層によって異なります。そのため、自店舗に合った方法を検討することが大切です。

  • 高級食材や希少食材を使ったメニューを提供する
  • 手間暇のかかるメニューを提供する
  • 見た目や味にインパクトのあるメニューを提供する
  • サイドメニューやドリンクの価格を下げる
  • ランチやディナーのコースメニューを提供する
  • セットメニューを提供する

いずみん

ターゲット層に受け入れられない商品を提供するだけでは、商品単価を上げることはできません。また、商品の価値をしっかりと伝えることで、客単価を上げることができます。さらに、商品の質を維持することで、リピーターや常連客を獲得し、客単価を上げることができます。

原価率を抑える際には、以下の点に注意が必要です。

顧客のニーズを把握する

原価率を下げるために、商品単価を下げすぎると、顧客離れにつながる可能性があります。そのため、顧客のニーズを把握し、適切な価格設定を行うことが重要です。

競合他社の動向を把握する

原価率を下げるために、商品単価を下げすぎると、競合他社との価格競争が激化してしまう可能性があります。そのため、競合他社の動向を把握し、適切な価格設定を行うことが重要です。

原価率を下げるために、一時的に仕入れ価格を下げたり、ロスを減らしたりしても、継続的に改善しなければ、効果はすぐに失われてしまいます。そのため、原価率の改善を継続することが重要です。

飲食店を経営する際には、メニューの種類を豊富にすることで、顧客のニーズに応えることができます。しかし、食材費を抑えるために、同じ食材を活用して、さまざまな商品を開発することも有効です。

いずみん

同じ食材を活用することで、食材費を抑えることができます。また、同じ食材でも、調理方法や味付けを変えることで、さまざまな商品を開発することができます。これにより、メニューの種類を増やすことができ、顧客のニーズに応えやすくなります。

同じ食材で違う商品を作る方法

同じ食材で違う商品を作る方法は、以下のとおりです。

調理方法を変えるだけで、まったく違った料理にすることができます。例えば、鶏肉を焼いて作る「唐揚げ」と、鶏肉を煮て作る「鶏の照り焼き」は、同じ食材ですが、調理方法を変えることで、まったく違った味わいを楽しむことができます。

味付けを変えるのも、同じ食材で違う商品を作る方法の一つです。例えば、トマトを使った「トマトソースパスタ」と、トマトを使った「トマトスープ」は、同じ食材ですが、味付けを変えることで、まったく違った料理にすることができます。

具材を追加することで、ボリュームアップや味わいの変化を楽しむことができます。例えば、ハンバーグにチーズを追加することで、コクのある味わいを楽しむことができます。

形状を変えることで、見た目の変化や食べやすさの向上を図ることができます。例えば、鶏肉をサイコロ状に切って作る「鶏の唐揚げ」と、鶏肉を棒状に切って作る「鶏のから揚げ」は、同じ食材ですが、形状を変えることで、食べやすさが向上します。

いずみん

飲食店を経営する際には、同じ食材を活用して、さまざまな商品を開発することで、食材費を抑えながら、メニューの種類を増やし、顧客のニーズに応えることができます。

飲食店端材で商品を作るメリット

飲食店では、食材のロスなど、さまざまな端材が発生します。これらの端材を有効活用することで、食品ロスの削減や新たな収益の創出につながります。

飲食店端材で商品を作るメリットは、以下のとおりです。

食品ロスの削減

食材のロスの端材を使用して活用することで、食品ロスを削減することができます。食品ロスは、環境問題や食料資源の浪費につながるため、削減は重要な課題です。

新たな収益の創出

端材を商品として販売することで、新たな収益の創出につながります。端材をそのまま販売するだけでなく、加工や調理を加えて、より価値のある商品にすることも可能です。

端材を活用した商品を販売することで、環境に配慮した取り組みをしているというブランディング効果が期待できます。SDGsやサステナビリティへの関心が高まる中、このような取り組みは顧客からの評価を得ることにつながります。

飲食店端材で商品を作る方法は、以下のとおりです。

食材のロスや食べ残しをチェックする

食材のロスや食べ残しをチェックするためには、従業員の意識向上や仕組みづくりが必要です。食材のロスが発生する原因を把握し、その原因を解決するための対策を講じましょう。

端材を商品化する

端材を商品化するためには、その用途やターゲット層を明確にする必要があります。端材の特徴や特性を活かした商品を開発することで、より多くの人に受け入れられる可能性が高まります。

商品の販売方法を考える

端材を商品として販売するためには、その販売方法を検討する必要があります。自社で販売する場合は、店舗やオンラインショップでの販売が考えられます。また、卸売やクラウドファンディングなどを活用して販売することも可能です。


原価率とは、商品の原価を売上高で割った割合のことで、利益率を算出する際に重要な指標です。原価率が低ければ低いほど、1個を販売したときに得られる利益が多くなります。

では、商品単価が上がると原価率は下がるのでしょうか?

結論から言うと、はい、原価率は下がります。

商品単価が上がると、売上高も同じだけ上がります。一方で、原価は同じままなので、原価率は下がります。

例えば、商品の原価が100円で売上高が200円の場合、原価率は50%です。このとき、商品単価を300円に上げたとすると、売上高は300円になり、原価率は33.33%になります。

もちろん、商品単価を上げすぎると、顧客離れや競合他社との価格競争が激化してしまう可能性があります。そのため、原価率を下げるために商品単価を上げる場合は、慎重に検討する必要があります。

コスト高の時代の進むべき道飲食店仕入れ高騰時代の乗り切り方