ひかり

「電気代が上がって困っている」

電気代を節約したいけど、どうすればいいのかわからない

いずみん

飲食店を経営していると、水道光熱費の請求書を見て驚きませんか?あまりの値上がりの凄さに唖然とし、飲食店の水道光熱費高騰にどう対処したらよいかわからないですよね?私の知り合いの飲食店のオーナーさんから以下のご相談が来ます。

最近の飲食業界では、電気代に関して上記のような悩みを抱える店舗が増えています。

エネルギー価格の上昇や長時間の営業などの要因が重なり、飲食店の電気代は年々増加しています。電気代がかさむと、利益を圧迫し、経営基盤を圧迫することになります。

そこで、今回は飲食店がなぜ公共料金の中で一番に電気代に悩んでいるか、そしてどのように対処し、電気代を節約するか解説していきます。

目次 [ close ]
  1. 飲食店の水道光熱費は?まずは売上の何%?自分の店が電気代が何%かを知る!
    1. 飲食店の電気代を下げる方法は?最初に料金プランと契約アンペアの見直しが1番!
  2. 飲食店電気代高騰すぐにできる見直し方法とは?【有益情報】節電早読み記事!
    1. 飲食店の電気の使用量を減らすポイントと方法
    2. 飲食店の電気の使用効率を上げるには?家電を見直すことで改善される方法!
    3. 飲食店の電気料金を抑えるには?3つの見直し方法!
  3. 飲食店の電気代節約対策とは?【電気料金の高騰対策加】7つのポイント!
    1. 1. エネルギー効率の向上|電気代節約にはLEDがおすすめ!
    2. 2. 照明の効果的な利用|電気代節約には照明を調整するのがおすすめ!
    3. 3. 電力供給プランの見直し|アンペア数も把握するのがお得!
    4. 4. スタッフの意識啓発|電気代はコスト意識が大切!
    5. 5. 再生可能エネルギーの活用|太陽光パネルで電気代節約!
    6. 6. 電力使用データの分析と管理|季節や時間帯での電気代の無駄遣いを無くす!
  4. 飲食店の電気代を節約するなら、電気代請求先の見直しが第一歩!
    1. 飲食店の電気代見直しのメリット!
  5. Looopでんき、環境に良い電気と節電を両立!
    1. Loopでんきがおすすめな理由!
  6. 飲食店の夏場の電気代削減!エアコンが効かないときはスポットクーラーで補おう!
    1. 飲食店電気代節約|日立のスポットエアコン「SR-P20YE8」
    2. スポットエアコン スポットクーラー ミニ 単相100Vキャスター付き 2個組 2個セット MSA-Y18
  7. 飲食店の電気代節約に!停電対策にPECRONポータブル電源を導入しよう!

飲食店の水道光熱費は、売上の5~7%程度が適正範囲とされています。

飲食店の水道光熱費は、電気代、水道代、ガス代などの合計で構成されます。

電気代は冷暖房や照明、調理などに使用されます。

水道代は食器洗いやトイレ、厨房での洗浄などに使用されます。ガス代は調理や給湯などに使用されます。

飲食店の水道光熱費は、店舗の規模や業態、立地条件などによって異なります。

一般的な飲食店では、売上の5~7%程度が光熱費に充てられています。

飲食店の水道光熱費のうち、電気代の占める割合は、70~80%程度と言われています。

これは、飲食店では冷暖房や照明、調理などに電気が多く使用されるためです。

具体的には、冷暖房は夏と冬のピーク時に電気代が大きく跳ね上がります。

照明は、店舗の規模や営業時間によって電気代が異なります。調理は、料理の種類や調理方法によって電気代が異なります。

まずは、電力会社の見直しを検討しましょう。大手電力会社以外にも、多くの新電力会社が参入しており、それぞれの会社によって料金プランや割引内容が異なります。

また、契約アンペアの見直しも有効です。契約アンペア数が多いと、基本料金が高くなります。契約アンペア数を下げることで、基本料金を抑えることができます。

具体的には、以下の方法が考えられます。

  • 使用状況に合わせて、契約アンペア数を下げる
  • 複数の契約アンペア数を組み合わせて、使用状況に合わせて柔軟に切り替える

店舗の使用状況に合わせて、最適な方法を検討しましょう。

いずみん

今後の電気代は家賃と一緒に計算しないと怖い!広い店舗は経費が重たい。まずは電力会社の見直しと、今契約していますアンペアの見直しで請求額を下げてください。

飲食店電気代高騰すぐにできる見直し方法とは?【有益情報】節電早読み記事!

飲食店の冬場の電気代が高騰するのは何故?高くなる原因を解説!

飲食店の冬場の電気代が高くなる原因は、以下のとおりです。

  • エアコンの使用

飲食店は、冬場でも店内を快適な温度に保つために、エアコンを稼働させていることが多いです。エアコンは、室内の温度を暖めるために多くの電力を消費するため、電気代が高くなる原因となります。

  • 照明の使用

飲食店は、夜間も営業していることが多いため、照明の使用量が多くなります。照明も、電気を消費するため、電気代に影響を与えます。

  • 調理機器の使用

飲食店は、調理するために多くの電気を使用する機器を使用しています。例えば、業務用冷蔵庫や電子レンジ、炊飯器などは、年中使用するため、電気代への影響は大きいと言えます。

  • 空調設備の老朽化

空調設備が老朽化していると、効率が悪くなり、多くの電力を消費するようになります。そのため、電気代が高くなる可能性があります。

飲食店の電気の使用量を減らすポイントと方法

電気代節約のポイントは、大きく分けて以下の3つです。

  1. 使用量を減らす
  2. 使用効率を上げる
  3. 電気料金を抑える

使用量を減らすためには、以下の方法があります。

  • 照明をこまめに消す(照明の消し忘れを防ぐ)
  • 冷蔵庫や洗濯機の使用時間を短縮する
  • エアコンの設定温度を上げる(空調の設定温度を1℃夏は上げる冬は下げる)
  • 使用していない電化製品のプラグを抜く
  • エアコンのフィルター掃除

また、以下の節電対策も併せて行うことで、さらなる電気代削減が期待できます。

いずみん

電気代を抑えることで、家賃と一緒に計算する経費を軽減することができます。ぜひ、早めに対策を検討してみてください。

飲食店の電気の使用効率を上げるには?家電を見直すことで改善される方法!

使用効率を上げるためには、以下の方法があります。

  • 省エネ家電に買い替える(照明のLED化)
  • 照明や電化製品の買い替え時期を見直す
  • エアコンの見直し

飲食店の電気料金を抑えるには?3つの見直し方法!

電気料金を抑えるためには、以下の方法があります。

これらの方法を組み合わせることで、効率的に電気代を節約することができます。

  • 電気料金のプランを見直す
  • 時間帯別料金プランを利用を検討する
  • 電力会社を切り替える
飲食店が電気代を抑える具体的な方法
  • 照明は、こまめに消すようにしましょう。特に、昼間や誰もいない部屋の電気は、切っておきましょう。
  • 冷蔵庫や洗濯機は、使用頻度に合わせて、節電モードやエコモードを活用しましょう。
  • エアコンは、設定温度を夏は1℃上げる冬は下げるだけで、約10%の節電になります。
  • 使用していない電化製品のプラグを抜いておきましょう。コンセントに差したままにしておくと、待機電力が発生し、電気代がかかってしまいます。
  • 省エネ家電に買い替えることで、大幅な節電が可能です。
  • 照明や電化製品の買い替え時期は、省エネ性能の高い製品が発売されていることが多いので、買い替えのタイミングを見直しましょう。
  • 電気料金プランは、使用状況に合わせて、適切なものを選びましょう。
  • 時間帯別電灯料金は、昼間や夜間など、電気代が安い時間帯に電気を使うことで、電気料金を抑えることができます。
  • 電力会社を切り替えることで、電気料金が安くなる可能性があります。

飲食店の電気代節約対策とは?【電気料金の高騰対策加】7つのポイント!

最近の電気料金の高騰は、飲食店経営者にとって大きな負担となっています。電気代を節約することで、家賃と一緒に計算すると経費を軽減することができます。

そこで今回は、飲食店の電気代節約対策について、7つのポイントをご紹介します。

1. エネルギー効率の向上|電気代節約にはLEDがおすすめ!

まずは、エネルギー効率の向上に注力することが重要です。LED照明への切り替え、エネルギースター認定の機器の導入、断熱材の強化など、電力消費を削減する施策を検討しましょう。特に、キッチンや厨房などのエネルギー使用が多い箇所での改善が効果的です。

例えば、LED照明への切り替えは、従来の白熱灯や蛍光灯に比べて、消費電力を大幅に抑えることができます。また、エネルギースター認定の機器は、省エネ性能に優れた機器です。断熱材の強化は、室内の温度を保ちやすくすることで、空調の使用量を抑えることができます。

2. 照明の効果的な利用|電気代節約には照明を調整するのがおすすめ!

飲食店の電気代の大部分は照明によるものです。開店時間に合わせて照明を適切に調整し、明るすぎる場所では光量を減らすことで、無駄なエネルギー消費を抑えることができます。また、天窓や自然光を利用することも考慮してください。

例えば、開店前や閉店後の照明は、必要最低限の明るさに抑えるようにしましょう。また、客席の明るさは、食事をするのに適した明るさに調整します。厨房の明るさは、作業効率を高めるために、必要な明るさに調整します。

3. 電力供給プランの見直し|アンペア数も把握するのがお得!

飲食店は営業時間が長く、電力使用が多いため、電力供給プランの見直しが必要です。電力会社と相談して、消費電力に合ったプランを選択することで、料金を抑えることができるかもしれません。

例えば、従量電灯プランから時間帯別料金プランに切り替えることで、電力使用量の多い時間帯の料金を安くすることができます。また、契約アンペア数を下げることで、基本料金を抑えることができます。

4. スタッフの意識啓発|電気代はコスト意識が大切!

電気代の節約はスタッフ全員の意識と努力が必要です。節電の重要性を従業員に理解させ、不要な電源を切る、機器の無駄な使用を抑えるなどの習慣を定着させましょう。

例えば、節電の目的や効果を理解してもらうための研修を実施したり、節電に取り組んだスタッフを評価する制度を導入したりすると効果的です。

5. 再生可能エネルギーの活用|太陽光パネルで電気代節約!

再生可能エネルギーの活用も、電気代節約の一つの手段です。太陽光パネルの導入や風力発電の利用など、地域の条件に合った再生可能エネルギーの導入を検討してみてください。

例えば、小型飲食店は太陽光パネルを導入することで、昼間の電力(電子レンジやパソコン、スマホの充電など)は自家発電で賄うことができます。また、大型飲食店は屋根に風力発電を導入することで、風の強い地域では、電気代を大幅に節約することができます。

6. 電力使用データの分析と管理|季節や時間帯での電気代の無駄遣いを無くす!

飲食店は日々の営業において電力を多く使用しますが、その使用データを的確に把握することが重要です。定期的に電力使用データを分析し、無駄な電力の使い方を見つけ出し、改善することで節約効果を上げることができます。

例えば、電力使用データを分析することで、特定の機器の使用量が多いことが判明した場合は、その機器の使用方法を見直すことができます。また、電力の使用量が急に増加した場合は、機器の故障や電気漏れの可能性もあるため、早めに対処する必要があります。

電気代を節約することで、家賃と一緒に計算する経費を軽減することができます。ぜひ、早めに対策を検討してみてください。

いずみん

飲食店の電気代節約には、さまざまな方法があります。まずは、自店の電気使用状況を把握し、無駄な電気の使い方を洗い出しましょう。そして、その結果を踏まえて、効果的な節電対策を実施してください。

飲食店の電気代を節約するなら、電気代請求先の見直しが第一歩!

電気代を節約するなら、電気代請求先の見直しが第一歩!

最近、電気料金の高騰が話題になっていますね。そんな中、電気代を節約する方法の一つとして、電気代請求先の見直しが有効です。

現在、電気とガスの請求書が別々に届いている方は、電気とガスをセットで契約することで、請求書をまとめることができ、支払い忘れなどの防止にもつながります。

また、電気とガスをセットで契約すると、割引が適用されるケースも多いので、電気代を節約できる可能性があります。

例えば、東京ガスでは、電気とガスをセットで契約すると、電気代が最大で5%割引になります。

さらに、東京ガスでは、電気料金の支払いに「東京ガスポイント」が貯まります。貯まったポイントは、電気料金の支払いに充当したり、商品やサービスと交換したりすることができます。

このように、電気とガスをセットで契約することで、電気代を節約できるだけでなく、ポイントも貯まり、さらに支払いの手間も省くことができます。

まずは、電気代請求先の見直しをしてみてはいかがでしょうか。

飲食店の電気代見直しのメリット!

電気代請求書

電気代請求先の見直しをすることで、以下のメリットがあります。

  • 請求書がまとめられて、支払い忘れなどの防止につながる
  • 電気代が割引になる可能性がある
  • 電気料金の支払いにポイントが貯まる

電気代を節約したい方は、ぜひ検討してみてください。

いずみん

電気代請求先の見直しをお勧め致します。東京ガスは請求書をガス代と一緒にまとめられて、さらにポイントが貯まるのもオススメ!

Looopでんき、環境に良い電気と節電を両立

Looopでんき、環境に良い電気と節電を両立していることを解説いたします

最近、電気料金の高騰が話題になっていますね。そんな中、環境に良い電気を使いながら、節電を頑張らずに電気代を抑えられる電気会社があると聞き、興味を持ちました。その電気会社が、Looopでんきです。

Looopでんきは、東日本大震災の被災地に太陽光発電を設置するボランティア活動から始まった、環境に配慮した電気会社です。その特徴は、30分ごとに料金単価が変動する「スマートタイムONE」というプランです。

このプランでは、料金価格が高い時間帯ではなく安い時間帯に家電を使うなど、ご家庭の中で電気を使う時間帯をずらす「ピークシフト」を行うことで、節電を頑張らずに電気代を抑えることができます。

ピークシフトを行うには、Looopでんきのアプリやサイトを使って、リアルタイムの料金を確認しながら、電気を使うタイミングを調整します。ピークシフトを成功させると、電気代が最大で60%も安くなることもあるそうです。

ピークシフトは、まるでゲームみたいな感覚で節電を楽しむことができるそうです。また、Looopでんきのアプリやサイトでは、ピークシフトの成功率や、節電による電気代削減額を、グラフや表で確認することができます。

さらに、東京電力エリアでは、ガスとセットでご契約いただくと電気代が割引になるそうです。

Looopでんきは、環境に良い電気と節電を両立できる、魅力的な電気会社だと思います。まずは、電気料金のシミュレーションを試してみてはいかがでしょうか。

Looopでんきは、以下のような方におすすめの電気会社です。

  • 環境に配慮した電気を使いたい
  • 節電を頑張らずに電気代を抑えたい
  • ピークシフトをゲーム感覚で楽しみたい
  • 東京電力エリアにお住まいで、ガスとセットで契約したい

いずみん

まずは、電気料金のシミュレーションを試してみて、Looopでんきが飲食店やご家庭に合った電気会社かどうかを検討してみてください。

飲食店の夏場の電気代削減!エアコンが効かないときはスポットクーラーで補おう!

エアコンが効かないときはスポットクーラーで補う説明をします。

最近の暑さ、本当に厳しいですよね。エアコンをつけていてもなかなか涼しくならず、困っている方も多いのではないでしょうか。

そんなときは、スポットクーラーを活用してみてはいかがでしょうか。スポットクーラーは、エアコンのように室外機がないため、工事不要で簡単に設置できます。また、エアコンよりもコンパクトで軽量なので、持ち運びも簡単です。

スポットクーラーのメリットは、以下のとおりです。

  • 工事不要で簡単に設置できる
  • エアコンよりもコンパクトで軽量
  • エアコンよりも運転音が小さい

デメリットは、以下のとおりです。

  • 冷却できる範囲が限られる
  • 冷やした空気の熱を後ろから排出する

スポットクーラーは、エアコンの補助として活用するのがおすすめです。例えば、エアコンの効きが悪い部屋や、特定の場所を重点的に冷やしたい場合に、スポットクーラーを併用することで、より快適に過ごすことができます。

最近のスポットクーラーは、冷却性能も向上しており、料理や作業している人の近くに置くと、冷風で冷やすことができます。また、ダクトで窓や通気筒から外に熱風を出せば、冷やした空気の熱を室内に溜め込むこともありません。

さらに、最近では、ダクトがなくても熱処理してくれるスポットクーラーも登場しています。ただし、このタイプのスポットクーラーは、ダクト式よりも高価な傾向があります。

いずみん

暑さピークの期間に足りないエアコンの力!スポットクーラーで助けるのが1番!電気代を節約しながらバランス良く家電製品を利用しましょう!

おすすめのスポットクーラーをご紹介します↓

飲食店電気代節約|日立のスポットエアコン「SR-P20YE8」

日立のスポットエアコン「SR-P20YE8」は、冷房能力1.9kWの、コンパクトなスポットクーラーです。

特長

  • 冷房・除湿・換気(送風)の3つの運転モードを搭載
  • キャスター付きで移動が簡単
  • ダクトで熱風を排出できるので、室内に熱がこもりにくい
  • 上下風向板が自動でスイングし、風向きを調節
  • 風量は弱・中・強の3段階調節と自動モードが選択できる

使用シーン

  • エアコンの効きが悪い部屋の補助として
  • 特定の場所を重点的に冷やしたい場合
  • キッチンやガレージなどのエアコンの設置が難しい場所

おすすめポイント

  • 冷房能力が1.9kWとコンパクトなので、一人暮らしや小部屋に最適です。
  • ダクトで熱風を排出できるので、室内に熱がこもりにくいので、使い勝手が良く、省スペースに設置できます。
  • キャスター付きで移動が簡単なので、必要な場所に自由に移動させることができます。

価格

税込69,300円(2023年11月現在)

日立のスポットエアコン「SR-P20YE8」は、冷房能力がコンパクトで、ダクト不要で、使い勝手が良い、おすすめのスポットクーラーです。エアコンの効きが悪い部屋の補助として、または特定の場所を重点的に冷やしたい場合におすすめです。

以下に、ダイキンの「SUASP1GS」との比較表を作成しました。

項目日立 SR-P20YE8ダイキン SUASP1GS
冷房能力1.9kW1.8kW
ダクト必要不要
冷やせる範囲1~2人用1人用
サイズ幅290×奥行240×高さ590mm幅290×奥行240×高さ610mm
重量11kg11kg
価格税込69,300円税込74,758円

両機種の大きな違いは、冷房能力とダクトの有無です。冷房能力は、日立 SR-P20YE8が1.9kW、ダイキン SUASP1GSが1.8kWと、日立 SR-P20YE8の方が0.1kW高くなります。そのため、冷やせる範囲も、日立 SR-P20YE8の方が若干広くなります。また、ダクトの有無により、冷やした空気の熱を室内に溜め込みにくくするかどうかが変わります。ダクトが必要な日立 SR-P20YE8は、冷やした空気の熱を室外に排出できるので、室内に熱がこもりにくくなります。

どちらの機種が適しているかは、使用シーンや用途によって異なります。エアコンの効きが悪い部屋の補助として、または特定の場所を重点的に冷やしたい場合で、冷房能力を重視するなら、日立 SR-P20YE8がおすすめです。エアコンの設置が難しい場所で、省スペースに設置したいなら、ダイキン SUASP1GSがおすすめです。

なお、日立 SR-P20YE8は、2023年4月に発売された新製品です。ダイキン SUASP1GSは、2022年4月に発売された製品です。そのため、日立 SR-P20YE8の方が、デザインや機能がより洗練されている可能性があります。

日立スポットエアコン COOLSHOT スリム床置型 単相100V 標準タイプ 1口ダクト付 SR-P20YE8※在庫分に限り代引き可能です。

価格:74,140円
(2023/8/13 18:55時点)
感想(0件)

スポットエアコン スポットクーラー ミニ 単相100Vキャスター付き 2個組 2個セット MSA-Y18

商品概要

  • 商品名:スポットエアコン スポットクーラー ミニ 単相100Vキャスター付き 2個組 2個セット MSA-Y18
  • メーカー:山善
  • 冷房能力:1.8kW
  • 冷房適用面積:約6畳
  • 除湿能力:1.0L/h
  • 運転モード:冷房・除湿・送風
  • 風量調節:弱・中・強
  • 上下風向:自動
  • 左右風向:手動
  • サイズ:幅465×奥行270×高さ570mm
  • 重量:23kg
  • 消費電力:1,200W
  • 電源:単相100V
  • 付属品:排気ダクト、リモコン

特長

  • 冷房能力1.8kWで、約6畳の部屋を冷やすことができます。
  • ダクト付きで、冷やした空気の熱を室外に排出できるので、室内に熱がこもりにくく、効率よく冷やすことができます。
  • キャスターで移動が簡単なので、必要な場所に自由に移動させることができます。
  • リモコン付きで、離れた場所から操作することができます。

おすすめポイント

  • 冷房能力が1.8kWとコンパクトなので、一人暮らしや小部屋に最適です。
  • ダクト付きで、室内に熱がこもりにくく、省スペースに設置できます。
  • キャスターで移動が簡単なので、必要な場所に自由に移動させることができます。
  • 2台セットで、より広い範囲を冷やすことができます。

使用シーン

  • エアコンの効きが悪い部屋の補助として
  • 特定の場所を重点的に冷やしたい場合
  • キッチンやガレージなどのエアコンの設置が難しい場所

注意点

  • 冷やした空気の熱は、ダクトから室外に排出されます。ダクトの設置場所には、十分なスペースを確保してください。
  • ダクトの長さは、最大3mまで延長可能です。
  • エアコン本体とダクトは、しっかりと接続してください。

「MSA-Y18」は、冷房能力1.8kWの、コンパクトで使いやすいスポットクーラーです。エアコンの効きが悪い部屋の補助として、または特定の場所を重点的に冷やしたい場合におすすめです。2台セットでさらにお得に購入できます。

スポットエアコン スポットクーラー ミニ 単相100Vキャスター付き 2個組 2個セット MSA-Y18 小型 スポットクーラー 冷風機 業務用 エアコン 床置型 熱中症対策 工事不要 おすすめ 山善 YAMAZEN 【送料無料】

価格:89,999円
(2023/8/13 18:57時点)
感想(2件)

飲食店は、停電が発生すると大きな被害を受けます。冷蔵庫や電子レンジなどの電化製品が使えなくなり、食材の腐敗や売上の減少につながる可能性があります。

そんな飲食店の停電対策に、PECRONポータブル電源がおすすめです。PECRONポータブル電源は、大容量で高出力なため、停電時の電源確保に最適です。

PECRONポータブル電源の具体的なメリットは、以下のとおりです。

  • 大容量で長時間使える
  • 高出力で様々な機器に対応
  • 安全性と耐久性に優れている

PECRONポータブル電源は、以下のラインアップを展開しています。

  • E600LFP:614Wh、1200W
  • E2000LFP:1920Wh、2000W
  • E1500LFP:1536Wh、2200W

飲食店の規模やニーズに合わせて、最適なモデルを選ぶことができます。

いずみん

PECRONポータブル電源を導入することで、飲食店の停電対策を万全にすることができます。ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

\家電製品についての記事ですクリックしてみてね/【飲食店必見】家電製品と節電効果のポータブル電源もおすすめ!