ゆめ

「スマホで撮る写真と、一眼レフで撮る写真って、全然違うよね…」

いずみん

この記事を読めば、あなたも思わず食べたくなるような、魅力的な写真が撮れるようになります!

飲食店で食事を楽しんだ後に、思わず写真を撮りたくなりますよね。でも、いざ撮ってみると、なんだかイマイチ…と感じた経験はありませんか?

実は、スマホとカメラでは、写真の仕上がりに大きな違いがあります。スマホは手軽に撮影できる反面、カメラには光の調整や構図など、写真表現の幅が広がる魅力があります。

そこで今回は、スマホじゃないカメラを使って、初心者でも失敗しない飲食店の美味しそうな撮影方法をご紹介します。

このブログ記事は、飲食店の写真をもっと美味しく、魅力的に撮りたいという方にオススメです。

ぜひ最後まで読んで頂きまして、あなたの写真スキルをアップさせてください!

スマホじゃないカメラで初心者に失敗しない撮影する方法!

以下ではカメラ選びから、撮影方法をわかりやすく解説いたします。

いずみん

飲食店を経営する上で、商品の魅力を伝える写真は欠かせません。美味しそうな写真は、来店客の食欲を刺激し、売上アップにもつながります。

飲食店の写真撮影で美味しそうな写真を撮るには、カメラとレンズ選びが重要です。ここでは、初心者の方でも失敗しない、カメラとレンズの選び方について詳しく説明します。

1. カメラの選び方

カメラの種類

飲食店の商品撮影には、主に以下の2種類のカメラが使用されます。

  • 一眼レフカメラ: 高画質で表現力豊かな写真が撮れるカメラです。レンズ交換が可能なので、様々な撮影シーンに対応できます。
  • ミラーレスカメラ: 一眼レフカメラよりも軽量で持ち運びやすいカメラです。近年は画質も向上しており、一眼レフカメラに匹敵する性能を持つ機種も増えています。
カメラの選び方のポイント
  • 画質: 高画質な写真ほど、料理の色や質感などをリアルに表現できます。
  • センサーサイズ: センサーサイズが大きいほど、画質が向上します。
  • 連写速度: 一度に複数枚の写真を撮影できる連写機能は、動きのある料理を撮影する際に便利です。
  • ISO感度: ISO感度が高いほど、暗い場所でも撮影できますが、ノイズが発生しやすくなります。
  • 操作性: 使いやすいボタン配置やメニュー画面のカメラを選びましょう。
  • 重さ・大きさ: 持ち運びやすい重さ・大きさのカメラを選びましょう。

おすすめのカメラ

  • 一眼レフカメラ: Canon EOS Kiss M2、Nikon D5600
  • ミラーレスカメラ: Sony α6400、Fujifilm X-T30

2. レンズの選び方

レンズの種類

飲食店の商品撮影には、主に以下の2種類のレンズが使用されます。

  • 単焦点レンズ: ズームできないレンズですが、開放F値が明るく、美しいボケ効果が得られます。
  • ズームレンズ: 広角から望遠まで焦点距離を変化できるレンズです。様々な撮影シーンに対応できます。
レンズの選び方のポイント
  • 焦点距離: 料理全体を写したい場合は広角レンズ、部分的に写したい場合は中望遠レンズがおすすめです。
  • 開放F値: 開放F値が低いレンズは、明るい場所での撮影や、ボケ効果を出すのに適しています。
  • 手ぶれ補正: 手ぶれ補正機能付きのレンズは、暗い場所での撮影や、シャッター速度を遅くした撮影時に便利です。
  • 重さ・大きさ: 持ち運びやすい重さ・大きさのレンズを選びましょう。

おすすめのレンズ

  • 単焦点レンズ: Canon EF50mm F1.8 STM、Nikon AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G
  • ズームレンズ: Canon EF-S 18-135mm f/3.5-5.6 IS USM、Nikon AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR

3. その他の機材

  • 三脚: カメラを固定して撮影する際に必要です。
  • レフ板: 光を反射して、影を消したり、明るさを調整したりするのに使用します。
  • ソフトボックス: 光を拡散して、柔らかい光を作り出すのに使用します。

いずみん

カメラとレンズ選びは、飲食店の商品撮影で美味しそうな写真を撮るための重要なポイントです。上記の選び方を参考に、自分に合ったカメラとレンズを選んで、ぜひ美味しそうな写真をたくさん撮影してください。

写真撮影の構図と光のポイント!

写真の撮影のポイント

美味しそうな写真を撮るためには、以下のポイントを押さえましょう。

  • 自然光を活かす
  • 食材の色味を活かす
  • 料理の立体感を出す
  • 食欲をそそる角度で撮影する

いずみん

自然光を活かすことで、食材の色味がより鮮やかに映ります。また、食材の色味を活かすことで、料理の美味しさがより伝わりやすくなります。さらに、料理の立体感を出すことで、より美味しそうに見えます。そして、食欲をそそる角度で撮影することで、より食欲を刺激することができます。

写真の魅力をさらに引き出す活用方法!

写真の活用方法

美味しそうな写真は、以下の方法で活用することができます。

  • メニュー
  • SNS
  • Webサイト

メニューに美味しそうな写真を掲載することで、来店客の食欲を刺激し、注文率をアップさせることができます。また、SNSやWebサイトに美味しそうな写真を掲載することで、お店の魅力をアピールし、集客につなげることができます。

美味しそうな写真の条件

美味しそうな写真の条件

美味しそうな写真には、以下の条件があります。

  • 食材の鮮度や彩り
  • 調理の丁寧さ
  • 料理のボリューム感
  • 食欲をそそる雰囲気

これらの条件を満たした写真は、来店客の食欲を刺激し、お店の魅力を伝えることができます。

いずみん

以下に詳細な商品を撮影するコツを執筆いたしましたので参考にして下さい。

飲食店の商品を美味しそうに撮影するコツ!

飲食店を経営する上で、商品の魅力を伝える写真は欠かせません。美味しそうな写真は、来店客の食欲を刺激し、売上アップにもつながります。

そこで今回は、飲食店の商品を美味しそうに撮るコツをご紹介します。

料理は、撮影する前にしっかりと整えておきましょう。盛り付けや飾り付けをきれいにすることで、写真映えしやすくなります。

また、料理の状態にも注意が必要です。熱々の料理は冷ましてから撮影する、生鮮食品は新鮮なうちに撮影するなど、料理の魅力を最大限に引き出すために、適切なタイミングで撮影しましょう。

ライティングは、料理の美味しさを引き出すのに重要なポイントです。自然光を活用するのが基本ですが、室内ではライトを追加して、料理を立体的に見せましょう。

また、料理の色味を活かすために、色温度や光量を調整することも効果的です。

アングルは、料理の魅力を際立たせるのに役立ちます。料理の全体像を写すだけでなく、アップで撮影したり、斜めからの角度で撮影したりすることで、料理の特徴や美味しさをより印象的に伝えることができます。

小道具を活用することで、料理の雰囲気を演出することができます。例えば、食器やテーブルウェア、花などの小道具を組み合わせて、おしゃれな写真に仕上げましょう。

写真に言葉を添えると、料理の美味しさがより伝わりやすくなります。例えば、「とろけるチーズ」「ジューシーな肉」「香ばしい香り」など、料理の特徴を表現する言葉を添えましょう。

飲食店の商品を美味しそうに撮るためには、料理の状態を整えること、適切なライティングを利用する、料理の魅力を際立たせるアングルで撮影すること、料理の雰囲気を演出する小道具を活用すること、料理の美味しさを表現する言葉を添えることが大切です。

いずみん

これらのポイントを押さえて、美味しそうな写真で来店客の食欲を刺激しましょう。売上にUPの参考にして下さい。

撮影ボックスで料理を美味しく見せる!

飲食店や料理教室などで、料理を美味しそうに撮影するために撮影ボックスが使われます。撮影ボックスとは、四角形の箱状の装置で、内部にライトや背景布を設置して、料理を明るく均一に照らし、立体感のある写真に仕上げるためのものです。

撮影ボックスを使うことで、以下のメリットがあります。

  • 自然光に左右されず、安定した明るさで撮影できる
  • 光の反射や影を抑えて、料理を立体的に見せることができる
  • 背景を白や黒などの単色にすることで、料理を引き立てることができる

撮影ボックスは、市販品や手作り品があります。市販品は、価格やサイズ、機能などがさまざまにあるので、用途や予算に合わせて選ぶことができます。手作り品は、DIYが得意な方なら、自分の好みに合わせて作ることができます。

撮影ボックスを使った料理の撮影のポイントは、以下のとおりです。

  • 料理は、撮影する前にしっかりと整えておきましょう。盛り付けや飾り付けをきれいにすることで、写真映えしやすくなります。
  • ライトは、料理全体を均一に照らすように設置しましょう。光が集中する場所があると、料理が美味しそうに見えない場合があります。
  • 背景布は、料理を引き立てるような色や柄を選びましょう。白や黒などの単色は、料理が引き立ちます。
  • アングルは、料理の魅力を際立たせるように工夫しましょう。料理の全体像を写すだけでなく、アップで撮影したり、斜めからの角度で撮影したりすることで、料理の特徴や美味しさをより印象的に伝えることができます。

撮影ボックスを使って、美味しそうな料理の写真を撮ってみてください。

撮影ボックスは壊れにくい商品の購入をおすすめ致します。

大きいサイズはこちらを参考にどうぞ↓

【★楽天1位獲得】NEEWER 撮影ボックス 60cm 写真スタジオライトボックス 明るさ調整可能 折りたたみ式 ポータブル 卓上写真照明キット 80/120LEDライト 4色背景

価格:14599円~
(2024/2/6 21:28時点)
感想(22件)

【楽天1位獲得】撮影キット 撮影ボックス LEDライト付 75×75cm 折りたたみ可能 調光可能 撮影スタジオ 簡易スタジオ 撮影ブース 撮影用照明 商品撮影 背景 おしゃれ 5色バックスクリーン 大きいサイズ

価格:11230円~
(2024/2/6 21:32時点)
感想(0件)

いずみん

飲食店の商品を美味しそうに撮影する際には、料理の状態を整えたり、適切なライティングを利用するなどの撮影テクニックも重要です。これらのテクニックを身につけることで、さらに美味しそうな写真を撮ることができます。