ゆめ

売上が足りないからデリバリーはじめたい!どうしたら出来ますか?

いずみん

はーい!

それではデリバリーについて説明しますね。

ゴーストレストランやバーチャルレストランは、デリバリー専用に営業する新しい飲食店の形態です。実店舗を構える飲食店と比べて、開業にかかる費用や手間が少なくて済むため、初心者でも挑戦しやすいビジネスモデルです。ただし、集客や認知度の獲得が難しいというデメリットもあります。そのため、ゴーストレストランやバーチャルレストランとして開業する場合は、集客やマーケティングの施策をしっかりと検討しておくことが大切です。

この記事では飲食店デリバリーのはじめかたを徹底解説いたします。

飲食店デリバリーをフクナビ解説!ゴーストレストランとは?

ゴーストレストランとは?飲食店デリバリーの知識を解説いたします。

ゴーストレストランは、実店舗や配達員を持たず、デリバリーやテイクアウトのみで料理を提供する飲食店のことです。

店内に食事をするスペースがないため、内装費や人件費などのコストを抑えることができ、低コストで開業することができます。

ゴーストレストランは、アメリカや中国で発祥し、近年日本でも急速に普及しています。その背景には、デリバリーサービスの普及や、コロナ禍による外出自粛などが挙げられます。

ゴーストレストランのメリットは、以下のとおりです。

  • 低コストで開業できる
  • デリバリーやテイクアウトに特化したメニューを開発できる
  • 複数の業態を展開しやすい(店舗展開のスピード感がある)

ゴーストレストランのデメリットは、以下のとおりです。

  • 実店舗を持たないため、顧客との接点が少ない
  • デリバリーサービスの手数料や配達員の遅延などが発生する可能性あり
  • 配達するサイトが無くなるとリスクが高い

いずみん

ゴーストレストランは、新しい飲食店の形態として注目されています。今後も、デリバリーやテイクアウトの需要が拡大するとともに、さらに普及していくと考えられます。

フクナビが解説!飲食店のバーチャルレストランとは?

バーチャルレストランとは?飲食店の売上拡張の解説します。

バーチャルレストランとは、既に存在する実店舗とは異なる、フードデリバリー専門店として開業したものを指します。

実店舗を持つ飲食店が、デリバリー専門店として別店舗を立ち上げる場合もあれば、デリバリー専用のキッチンを構えて、複数のブランドを展開するケースもあります。

バーチャルレストランのメリットは、以下のとおりです。

  • 低コストで開業できる
  • デリバリーやテイクアウトに特化したメニューを開発できる
  • 複数の業態を展開しやすい
  • 配達員の確保をしているのでデリバリーサイトに左右されにくい

バーチャルレストランのデメリットは、以下のとおりです。

  • 実店舗を持たないため、顧客との接点が少ない
  • デリバリーサービスの手数料や配達員の遅延などが発生する可能性あり

ゴーストレストランとバーチャルレストランの違いは、実店舗の有無です。ゴーストレストランは、実店舗を持たず、厨房のみを提供する飲食店のことです。一方、バーチャルレストランは、実店舗を持たず、デリバリー専門店として開業した飲食店のことです。

いずみん

近年、デリバリーサービスの普及や、コロナ禍による外出自粛などにより、バーチャルレストランの注目が高まっています。今後も、デリバリーやテイクアウトの需要拡大とともに、さらに普及していくと考えられます。

飲食店デリバリー【バーチャルレストラン】【ゴーストレストラン】2つの開業方法を説明します。

飲食店がデリバリー導入する方法は、大きく分けて2つあります。

1つは、実店舗を構えてバーチャルレストラン・デリバリーサービスを提供する方法です。もう1つは、店舗やデリバリースタッフを持たずにデリバリー専用に営業する「ゴーストレストラン」として開業する方法です。

バーチャルレストランとして実店舗を構えてデリバリーサービスを提供する場合は、以下の手順で開業することができます。

  1. 飲食店営業許可の取得
  2. デリバリーサービスの利用契約
  3. デリバリー専用のメニュー開発
  4. デリバリースタッフの採用
  5. デリバリー用の商品の準備

飲食店営業許可は、自治体に申請して取得する必要があります。デリバリーサービスの利用契約は、各デリバリーサービス事業者に申し込みます。デリバリー専用のメニューは、デリバリーでの提供を想定して、調理時間や温めやすさなどを考慮して開発しましょう。デリバリースタッフは、配達業務を担当するスタッフを採用します。デリバリー用の商品は、デリバリーでの提供を想定して、パッケージや保冷剤などの準備が必要です。

ゴーストレストランとして開業する場合は、以下の手順で開業することができます。

  1. 食品衛生責任者資格の取得
  2. デリバリーサービスの利用契約
  3. デリバリー専用のメニュー開発
  4. デリバリー用の商品の準備

食品衛生責任者資格は、食品衛生法に基づく資格で、飲食店を経営する際には取得が義務付けられています。デリバリーサービスの利用契約は、各デリバリーサービス事業者に申し込みます。デリバリー専用のメニューは、デリバリーでの提供を想定して、調理時間や温めやすさなどを考慮して開発しましょう。デリバリー用の商品は、デリバリーでの提供を想定して、パッケージや保冷剤などの準備が必要です。

ゴーストレストランは、店舗やデリバリースタッフを持たずにデリバリー専用に営業するため、実店舗を構えるよりも開業にかかる費用や手間が少なくて済みます。また、店舗の立地や営業時間の制限を受けないため、より多くの人にサービスを提供することができます。

ただし、ゴーストレストランは、実店舗を構える飲食店と比べて、集客や認知度の獲得が難しいというデメリットもあります。そのため、ゴーストレストランとして開業する場合は、集客やマーケティングの施策をしっかりと検討しておくことが大切です。

初心者が飲食店デリバリーを開業する際の注意点!

初心者がゴーストレストランを開業する際には、以下の点に注意しましょう。

  • ターゲット層を明確にする

ゴーストレストランのターゲット層を明確にすることで、ターゲット層に響くメニューやプロモーション施策を実施することができます。

  • 競合店を調査する

競合店を調査することで、自店の強みや弱み、競合店との差別化を図ることができます。

  • デリバリーサービスの選定

デリバリーサービスの選定は、自店のターゲット層や提供したいサービス内容などを考慮して行いましょう。

  • メニュー開発

デリバリーでの提供を想定して、調理時間や温めやすさなどを考慮してメニューを開発しましょう。

  • プロモーション施策

SNSやWeb広告などを活用して、集客や認知度を獲得するためのプロモーション施策を実施しましょう。

いずみん

【バーチャルレストランやゴーストレストラン】どちらの開業方法にすれば良いかは、開業資金やコンセプトによります。オススメはゴーストレストランからバーチャルレストランに変更することです!

開業方法で困っていることがあれば、いつでもコメントやSNSにてDMをください。

デリバリーのはじめかたを解説しています。売上を上げたい方は必見!「天候に左右されない飲食店」デリバリーも視野に入れよう!