ゆめ

雨が降ると売上が下がるけど!どうすれば?

いずみん

イートインで集客する飲食店は、天候に左右されやすいという弱点があります。

イートインでは、雨が降ると客足が減り、売り上げが落ち込むというケースはよくあります。 しかし、デリバリーサービスを導入すれば、悪天候でも売り上げを維持することができます。 そのため、イートインとデリバリーの両方に対応できる飲食店を目指すのが、究極の選択と言えるでしょう。

目次 [ close ]
  1. 飲食店のデリバリー導入の仕方?フードデリバリーのメリット・デメリットを解説!
  2. 配達・出前サイトに登録する|ゴーストレストラン・バーチャルレストラン
    1. 飲食店のデリバリー導入方法 メリット
    2. 飲食店のデリバリー導入方法 デメリット
  3. 自店で配達する|デリバリーサイトに掲載できる利点!
    1. 自店で配達するメリット
    2. 自店で配達するデメリット
    3. 飲食店デリバリーの導入方法どちらが得策か?ポイントを検討してください
    4. 飲食店デリバリー導入どちらがおすすめ?失敗しない為の説明!
  4. 飲食店デリバリーの宣伝方法?チラシやデリバリーBOXを看板にして宣伝する!
    1. 飲食店のデリバリー導入方法?自店で配達のメリット・デメリットを解説!
  5. 飲食店デリバリーに最適なシステム!売上アップの兆し
    1. リピッテこんな方におすすめ!
    2. リピッテにはこんなメリットがあります!
  6. 配達員のユニフォーム選びのポイント?季節ごとも確認!
    1. フードデリバリースタッフの必需品!レインウェアの選び方
    2. 夏用と冬用を兼用する
    3. 雨が強い日はポンチョを着る
    4. フードデリバリースタッフ冬場の防寒対策!
    5. 防寒着は撥水効果のあるものを選ぶ
    6. 防寒手袋も忘れずに
    7. 防寒着の上にレインウェアを着る
    8. 防寒のアウターは重量がありますので割れないハンガーを購入する
    9. フードデリバリーバッグ選びのポイント!

飲食店のデリバリー導入の仕方?フードデリバリーのメリット・デメリットを解説!

飲食店のデリバリー導入の仕方?フードデリバリーのメリット・デメリットを解説します。

近年新型コロナの影響もあり、フードデリバリーはますます需要が高まっています。そのため、飲食店にとってデリバリーサービスを導入することは、売上アップや新規顧客の獲得につながる重要な手段となっています。

デリバリーサービスを導入する際には、いくつかの方法があります。

導入方法を以下で説明いたします。

配達・出前サイトに登録する|ゴーストレストラン・バーチャルレストラン

配達・出前サイトに登録する|ゴーストレストラン・バーチャルレストランのメリットとデメリットを解説するね

配達・出前サイトに登録することで、自店のメニューをサイトに掲載することができ、配達員が自店に代わって配達を行うことができます。配達員の確保や配達に関するシステムの構築が不要なため、比較的簡単にデリバリーサービスを導入することができます。

飲食店のデリバリー導入方法 メリット

  • 配達員の確保や配達に関するシステムの構築が不要
  • 比較的簡単にデリバリーサービスを導入できる
  • デリバリーサイトの集客力を利用できる

飲食店のデリバリー導入方法 デメリット

  • 配達手数料を支払う必要がある
  • 配達の品質や速さを自社でコントロールできない

自店で配達する|デリバリーサイトに掲載できる利点!

 自店で配達する|デリバリーサイトに掲載できる利点を説明するね

自店で配達員を雇用またはアルバイトを募集することで、自店のスタッフが配達を行うことができます。配達の品質や速さを自社でコントロールすることができ、顧客満足度を高めることが期待できます。

自店で配達でも、デリバリーサイトに登録できるので売上規模は変わらないですし、コントロールしやすいので消費者のファン化はしやすいのが利点です。

自店で配達するメリット

  • 配達の品質や速さを自社でコントロールできる
  • 顧客満足度を高めることができる
  • 配達手数料を支払う必要がない

自店で配達するデメリット

  • 配達員の確保や教育にコストがかかる
  • 配達員の管理に手間がかかる

飲食店デリバリーの導入方法どちらが得策か?ポイントを検討してください

どちらの方法がよいかは、以下のポイントを踏まえて検討しましょう。

  • 配達員の確保が可能か
  • 配達の品質や速さを自社でコントロールしたいか
  • デリバリー手数料を支払う余裕があるか

飲食店デリバリー導入どちらがおすすめ?失敗しない為の説明!

私は、配達員を募集して自店で配達するのがおすすめです。

配達・出前サイトに登録する場合、配達手数料を支払う必要があります。また、配達の品質や速さを自社でコントロールできないため、顧客満足度を高めるのが難しいというデメリットがあります。

一方、自店で配達する場合、配達手数料を支払う必要がなく、配達の品質や速さを自社でコントロールすることができます。そのため、顧客満足度を高め、売上アップにつなげることができると考えられます。

ただし、配達員の確保や教育にコストがかかるため、十分な検討が必要です。

飲食店デリバリーの宣伝方法?チラシやデリバリーBOXを看板にして宣伝する

飲食店デリバリーの宣伝方法?チラシやデリバリーBOXを看板にして宣伝する理由

デリバリーサービスを導入する際には、まず、チラシやデリバリーBOXを看板にして宣伝するのがおすすめです。

イートインの場合、自店に来たお客様に、看板をみてデリバリーサービスの存在を知ってもらうことで、注文につながる可能性が高くなります。

また、近隣の住民にも宣伝することで、新たな顧客の獲得につながる可能性があります。

イートインやテイクアウトの注文が安定してから、配達・出前サイトに登録するとよいでしょう。

飲食店のデリバリー導入方法?自店で配達のメリット・デメリットを解説!

近年、フードデリバリーはますます需要が高まっています。そのため、飲食店にとってデリバリーサービスを導入することは、売上アップや新規顧客の獲得につながる重要な手段となっています。

デリバリーサービスを導入する際には、自店で配達を行うのか、デリバリーサイトに登録して外部委託するのか、どちらの選択肢がよいのでしょうか。

更に自店で配達を行うメリットとデメリットについて、表で深堀りしていきます。

メリット深掘り
思い通りのマニュアルで指示を出せる!配達員の教育や管理を自社で行うことができるため、自店のポリシーやルールを徹底することができます。また、配達の品質や速さを自社でコントロールすることができます。
手が空いた時に他の業務をお願い出来る!配達員が空いているときに、他の業務をお願いすることができます。そのため、人員配置を効率的に行うことができます。
業務に慣れているのでスピーディー!自店のスタッフが配達を行うため、配達の流れやノウハウを把握しています。そのため、スピーディーな配達を行うことができます。
スタッフの雇用が自分で選べる!自店のニーズに合ったスタッフを雇用することができます。そのため、マナーや接客スキルの高いスタッフを雇用することができます。
クレーム対応もスムーズ!自店のスタッフが配達を行うため、クレームが発生した場合でも、スムーズに対応することができます。
お客様の中でデリバリースタッフのファンになって頂ける事がある!自店のスタッフが配達を行うため、お客様と信頼関係を築くことができます。そのため、お客様の中でデリバリースタッフのファンになって頂ける可能性があります。

自店でデリバリーを行う場合、思い通りのマニュアルで指示を出したり、手が空いた時に他の業務をお願いしたりすることができるメリットがあります。しかし、やる気がない人材を雇用してしまうと教育に手間がかかったり、クレームを毎回起こすスタッフがいると困ったりするデメリットもあります。

自店でデリバリーを行うかどうかは、メリットとデメリットを十分に検討した上で、判断することが大切です。

飲食店デリバリーに最適なシステム!売上アップの兆し

自店に来店もしくはテイクアウトして頂いたお客様に、携帯のLINEで配達依頼できるサイト!来店して頂きましたお客様にリピッテの告知が出来る事です。来店予約やテイクアウト、デリバリーの依頼なども出来ます。たくさん使用しても、システムの料金だけで追加料金なく、お安く飲食店の方たちが御利用できるシステムになります。

イートインのお店にとって大変なのが「電話対応」

イートインのお店にとって大変なのが「電話対応」です。テイクアウトや配達の注文が増えるのはありがたいのですが、電話対応に時間を取られて人件費があがっていませんか?電話対応に疲れてしまったこともありませんか?

ピークタイムが重なり店内が忙しい時に限って電話やテイクアウトのお客様の対応に大忙し!

リピッテでテイクアウト・デリバリーの電話対応を減らそう!

リピッテを導入すれば、お客様はLINEで簡単に配達依頼をすることができます。そのため、電話対応の負担を大幅に減らすことができます。

また、リピッテは、お客様の注文履歴を自動で管理してくれるため、注文間違いや再配達のリスクを減らすことができます。

リピッテは、テイクアウト・デリバリーの電話対応を減らしたい飲食店におすすめのシステムです。人件費の削減や業務の効率化につながります。

リピッテこんな方におすすめ

  • テイクアウトやデリバリーの注文が増えている
  • 電話対応に時間を取られて人件費が気になる
  • 電話対応に疲れている
  • ピークタイムの対応に悩んでいる

リピッテにはこんなメリットがあります

  • 電話対応の負担が大幅に減る
  • 注文間違いや再配達のリスクが減る
  • 人件費の削減につながる
  • 業務の効率化につながる

リピッテをぜひ、検討してみてはいかがでしょうか?

配達員のユニフォーム選びのポイント?季節ごとも確認!

配達員のユニフォーム選びのポイント?季節ごとも確認できます。

季節ごとのユニフォームについて

夏用ユニフォーム

  • 汗を吸収・速乾性のある素材
  • ポロシャツやTシャツなど、動きやすいデザイン

秋春用ユニフォーム

  • 通気性と保温性を兼ね備えた素材
  • 長袖ポロシャツや薄手のジャンパーなど、動きやすく、体温調節しやすいデザイン

冬用ユニフォーム

  • 保温性の高い素材
  • 防寒着や手袋など、寒さ対策をしっかりとできるデザイン

レインコート

  • 雨をしっかり弾く素材
  • フード付きや反射板付きなど、雨天時の安全性も考慮して選ぶとよいでしょう

ユニフォームの選び方

ポイント内容
動きやすさ荷物を運んだり、自転車やバイクで走ったりと、動き回ることが多い仕事なので、動きやすいユニフォームを選ぶことが大切です。
機能性夏場は汗を吸収・速乾性のある素材、冬場は保温性のある素材など、季節や天候に合わせて機能性のあるユニフォームを選びましょう。
デザインお店のブランドイメージを向上させる効果も期待できるので、お店の雰囲気やコンセプトに合ったデザインを選びましょう。
種類季節や用途に合わせて、いくつかの種類を用意するとよいでしょう。

フードデリバリースタッフの必需品!レインウェアの選び方

フードデリバリーの仕事は、天候に左右されることも多いため、レインウェアは欠かせないアイテムです。

しかし、夏用と冬用で分けて購入すると、暑すぎたり寒すぎたりで、なかなか使い勝手がよくないのが悩みの種です。

そこで、私がおすすめするレインウェアの着こなし方をご紹介します。

夏用と冬用を兼用する

夏用レインウェアは、通気性や速乾性に優れているため、暑い日でも快適に着用できます。一方、冬用レインウェアは、保温性に優れているため、寒い日でも暖かく過ごせます。

この2種類のレインウェアを兼用する方法は、夏用レインウェアの上から冬用レインウェアを着用するというものです。

これなら、夏は通気性と速乾性を重視し、冬は保温性を重視するという、それぞれのメリットを活かすことができます。

雨が強い日はポンチョを着る

雨が強い日は、レインウェアだけでは中まで雨が滲み込んでくることが少なくありません。そんなときは、レインウェアの上からポンチョを着用すると効果的です。

ポンチョは、雨を弾く素材で作られているため、レインウェアの隙間から雨が入り込むのを防いでくれます。

また、ポンチョはフードが付いているものが多いため、雨が顔に当たるのを防ぐこともできます。

レインウェアの着こなしのポイント

レインウェアを着こなす際には、以下のポイントを押さえるとよいでしょう。

  • レインウェアは、ぴったりしすぎないように余裕を持ったサイズを選ぶ。
  • レインウェアの下には、動きやすい服装を着る。
  • レインウェアの袖口や裾は、風や雨が入り込むのを防ぐため、しっかり閉める。

また、レインウェアは汚れやすいため、こまめに洗濯して清潔に保つことも大切です。

フードデリバリーの仕事で快適に過ごすために、ぜひ参考にしてみてください。

フードデリバリースタッフ冬場の防寒対策

フードデリバリーの仕事は、屋外で長時間立ちっぱなしで配達を行うため、冬場は特に寒さ対策が重要です。

しかし、防寒着を着すぎると動きにくく、仕事の効率が下がってしまうことも。そこで、今回はフードデリバリースタッフにおすすめの防寒対策をご紹介します。

防寒着は撥水効果のあるものを選ぶ

冬場は雨や雪が降ることも多いので、防寒着は撥水効果のあるものを選ぶことが大切です。撥水効果があると、雨や雪が防寒着に染み込まず、暖かさを保つことができます。

また、防寒着は大きすぎず、小さすぎないサイズを選ぶことも重要です。大きすぎると動きにくく、小さすぎると防寒効果が落ちてしまいます。

防寒手袋も忘れずに

手は体の中でも特に冷えやすい部分です。そのため、防寒手袋は必ず着用しましょう。防寒手袋は、指先までしっかり暖かいものを選ぶとよいでしょう。

防寒着の上にレインウェアを着る

雨の日でも配達を行う場合は、防寒着の上にレインウェアを着るとよいでしょう。レインウェアは、雨や雪を防いでくれるだけでなく、風を通しにくいため、防寒効果も高まります。

いずみん

また、防寒オーバーオールの上からレインコートを着るのもおすすめです。防寒オーバーオールには、防寒性の高いものが多いため、レインコートと組み合わせることで、より高い防寒効果を得ることができます。

防寒のアウターは重量がありますので割れないハンガーを購入する

防寒のアウターは重量がありますので、ハンガーにかける際は割れないハンガーを使用することをおすすめします。割れないハンガーは、耐久性に優れているため、安心して使用することができます。

いずみん

フードデリバリーの仕事で冬場を快適に過ごすためには、防寒対策が重要です。今回ご紹介したポイントを参考に、自分に合った防寒対策をしっかりと行いましょう。

フードデリバリーバッグ選びのポイント

フードデリバリーの仕事では、商品を運ぶためのデリバリーバッグが欠かせません。しかし、デリバリーバッグにはさまざまな種類があり、どれを選べばいいか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回はフードデリバリースタッフにおすすめのデリバリーバッグの選び方についてご紹介します。

デリバリーバッグの種類

デリバリーバッグには、大きく分けて以下の2種類があります。

  • リュック型
  • トート型

リュック型は、両手が自由に使えるため、自転車やバイクでの配達に便利です。また、荷物が多いときにも背負って運ぶことができるため、体への負担も少なくなります。

トート型は、荷物を出し入れしやすいため、徒歩での配達に便利です。また、リュック型よりも軽量のものが多いため、持ち運びも楽です。

デリバリーバッグのサイズ

デリバリーバッグは、配達する商品の量に合わせてサイズを選ぶことが大切です。荷物が多い場合は、大きめのサイズを選ぶとよいでしょう。

また、デリバリーバッグには、ピザや寿司などの形状に合わせた専用のバッグもあります。配達する商品の形状に合わせて、専用のバッグを選ぶのもおすすめです。

デリバリーバッグの機能

デリバリーバッグには、さまざまな機能が付いているものがあります。

  • 保温・保冷機能
  • 防水機能
  • 反射板
  • 仕切り板

保温・保冷機能が付いていると、熱い料理や冷たいドリンクを温かいまま、冷たいまま届けることができます。防水機能が付いていると、雨の日でも安心して使用することができます。

また、反射板が付いていると、夜間の配達でも安全に運転することができます。仕切り板が付いていると、荷物が混ざるのを防ぐことができます。

デリバリーバッグの価格

デリバリーバッグの価格は、1万円前後から5万円前後まで幅広くあります。

価格が安いデリバリーバッグは、機能がシンプルなものが多い傾向にあります。価格が高いデリバリーバッグは、機能が充実しているものが多い傾向にあります。

いずみん

フードデリバリーの仕事で快適に過ごすためには、自分に合ったデリバリーバッグを選ぶことが大切です。今回ご紹介したポイントを参考に、自分に合ったデリバリーバッグを探してみてください。

デリバリー バッグ 出前 宅配 配達 リュック 防水 デリバリーボックス 保冷バッグ 保温バッグ 大容量 折りたたみ | 仕切り ドリンクホルダー おしゃれ たためる 折り畳み 反射テープ リュックサック ウーバーイーツ UberEATS

価格:7,130円
(2023/8/22 23:13時点)
感想(4件)

夢の飲食店開業、実現への道!成功の鍵は「準備」と「計画」夢の飲食店開業、実現への道!成功の導くオープンロードマップ!