ゆめ

いずみん!お店の開業したいんだけど、教えて。

いずみん

はーい 記事を読んでいただいて、ゆめの飲食店開業を成功させましょう。

この記事では、お店を開業する、さまざまな準備を解説いたします。

飲食店開業とは?

多くの人が夢見る挑戦です。

飲食店を開業するには?

コンセプトや事業計画

資金調達

物件探し

内装・外装工事

メニュー開発

営業許可取得など

やるべきことは山積みです

どこから手をつければいいのか?

迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

この記事では、、、

飲食店開業を成功に導くためのスケジュールをステップに分けてご紹介します。

準備段階から開業後の運営まで、成功の鍵となるポイントも解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

夢の飲食店開業、実現への道!成功の鍵は「準備」と「計画」

**「準備」と「計画」**が成功の鍵となります。

  1. コンセプトを明確にする
  2. 詳細な事業計画を作成する
  3. スケジュールを立てて計画的に準備を進める
  4. 資金調達をしっかり行う
  5. 顧客ニーズに合わせたメニュー開発
  6. スタッフ教育

初心者がお店を開業の最短ルート!フクナビ飲食店開業解説!

初心者の方であれば、最初にご提案させて頂きます。

飲食店開業は、簡単ではありません。この記事を読みすすめていく中で、1人では難しいなって思われる方も多いと思います。

そんな読者の方にオススメするのが!

不動産探しから~、

事業計画書さえも御相談できる。

【ミセツク】がオススメ!!

ゆめ

何故オススメなの?

金融関係に御相談すると、、、

物件が決まってから事業計画書を作成し、御相談に来てくださいと言われることが多いからです。

そこからですと、不動産をすぐに契約できないですよね?

いずみん

【ミセツク】がオススメな理由を説明するね!

【ミセツク】では、物件を探していただくと同時に、事業計画書も作成相談できます。

時間短縮になりますよね?

不動産屋やネットで問い合わせするよりも先に、問い合わせしてみるのもよいのではないでしょうか。

お値段は5万円です。

そして物件が何度も変わっても事業計画を物件ごとに再度作成相談ができます。

いずみん

正直言って、お得です。

しっかりと準備を進め、計画的に行動することで、成功の可能性を高めることができるでしょう。

はじめに、飲食店を開業する際には、まずコンセプトを決めることが大切です。

コンセプトを決める際のポイントは何?飲食店開業に必要!

飲食店開業に必要なこと、最初にコンセプトを決めることが大切です、以下のポイントを押さえましょう。

  • ターゲット層

誰をターゲットにするかを明確にしましょう。ターゲット層によって、提供する料理や飲み物、価格帯、営業スタイルなどが変わってきます。

  • 提供する料理や飲み物

どのような料理や飲み物を提供するのかを決めましょう。料理や飲み物のジャンル、味付け、こだわりなどを明確にしましょう。

  • 価格帯

どのような価格帯で提供するのかを決めましょう。価格帯によって、ターゲット層や競合店が変わってきます。

  • 営業スタイル

どのような営業スタイルで営業するのかを考えましょう。ランチ営業のみなのか、ディナー営業のみなのか、テイクアウトも行うのかなどを決めましょう。

いずみん

創業計画とは、自店の経営方針や財務状況をまとめたものです。

飲食店の開業費用は多額な場合が多いので、充実した創業計画書が必要となります。

事業計画と基本的には似ていますが、開業時に資金が必要ならば創業計画書がなければ、資金調達や融資を受けることができません。

作成期間は開業する半年(6ヵ月)前から考えましょう。人によって異なりますが、作成期間は1ヵ月は必要となります。自己資金がある方は必要ないです。

飲食店開業|資金調達の方法!最初に考える!

飲食店を開業するには、多額の資金が必要です。資金調達の方法は、自己資金、銀行融資、クラウドファンディングなどがあります。

自己資金が不足している場合は、銀行融資やクラウドファンディングを検討しましょう。

飲食店開業|資金調達に創業計画書を作成するメリットを解説!

融資をスムーズに成功させる為、計画書の解説をいたします。

メリット具体的な内容
金融機関から融資を受けやすくなる事業内容やターゲット顧客、競合分析、マーケティング戦略、販売戦略、財務計画などを具体的に記載することで、事業の実現可能性や成功の可能性を高めることができます。
自分のビジネスアイデアやプランを明確にし、客観視できる創業計画書という形に落とし込むことで、アイデアをより具体化し、悪い部分や不足部分を冷静に見つめ直すことができます。
必要な資金額と資金計画を明らかにできる設備資金や運転資金などの必要な資金額を具体的に記載し、どのように調達して返済していくのかを明確にすることで、事業の資金繰りを把握することができます。

飲食店開業|創業計画書の作成は誰が作成しますか?今は【ミセツク】がコスパ良し!

創業計画書の作成方法は、大きく分けて以下の2つがあります。

  • 自分で作成する

自分で作成する場合は、インターネットや書籍などで創業計画書の書き方を調べて、作成していきます。

  • 専門家に依頼する

専門家に依頼する場合は、税理士や会計士などのコンサルタントに依頼するのが一般的です。

自分で作成する場合は、自分の考えを自由に反映させることができます。専門家に依頼する場合は、費用と専門的な知識やノウハウを活かした創業計画書を作成してもらえます。

いずみん

最近は、親切良し・コスパ良し・タムパ良しの

【ミセツク】です。

「1人で開業するって大変だから」

見るだけなら無料なのでクリックしてみてください。

飲食店の開業|創業計画書を自分で作成する場合の注意点!
  • 客観的なデータをもとに作成する

創業計画書は、あくまでも将来の見通しを示すものです。そのため、客観的なデータをもとに作成し、実現可能性を高めることが大切です。

  • 具体的に記載する

創業計画書は、金融機関や投資家などに事業内容や計画を理解してもらうことが目的です。そのため、抽象的な表現ではなく、具体的な数値やデータなどを用いて記載しましょう。

  • 読みやすくわかりやすい文章にする

創業計画書は、金融機関や投資家など、専門家ではない人にも読んでもらう可能性があります。そのため、読みやすくわかりやすい文章にするのも大切です。

いずみん

創業計画書を作成することで、融資を受けやすくなり、ビジネスアイデアやプランを明確にし、必要な資金額と資金計画を明らかにすることができます。

飲食店の金融機関から融資を受けるためには、創業計画書の提出が求められます。

飲食店の創業計画書では、以下のおすすめ項目について記載します。

  • 飲食店開業①|創業の動機・経営理念・ビジョン・目的
  • 飲食店開業②|経営者の略歴
  • 飲食店開業③|事業内容・商品・サービス
  • 飲食店開業④|取引先・取引関係
  • 飲食店開業⑤|飲食店で働く従業員について
  • 飲食店開業⑥|借り入れについて
  • 飲食店開業⑦|必要な資金と調達方法|飲食店開業の費用をわかりやすい例にしました!
  • 飲食店開業⑧|ターゲット・競合分析
  • 飲食店開業⑨|マーケティング戦略
  • 飲食店開業⑩|販売戦略
  • 飲食店開業⑪|財務計画
  • 飲食店開業⑫|事業の見通しの例

飲食店開業①|創業の動機・経営理念・ビジョン・目的

経営理念・ビジョン・目的とは、創業動機(いつ頃?どんな理由がきっかけ?開業を決意した根拠?)、お店の存在意義や目指すスタイルや姿、事業の目的などを明確にしたものになります。飲食店の場合は、どのような食を提供したいのか、どのようなサービスを提供したいのか、地域社会にどのような貢献をしたいのかなどを記載します。

飲食店開業②|【経営者の略歴】わかりやすい経営者の略歴のポイントと例!

経営者の略歴|具体的な書き方のポイント!

  • 時系列で記載する

職務経歴は、入社した年月から退職した年月まで、時系列で記載します。

  • 具体的な仕事内容や実績を記載する

仕事内容や実績は、具体的に記載することで、説得力が増します。

  • 創業の動機と矛盾がないようにする

創業の動機と略歴に矛盾があると、信頼性が低下します。

  • 関連する資格や知的財産権を記載する

飲食店経営に関連する資格や知的財産権を記載することで、強みやアピールポイントを強調することができます。

経営者の略歴(例文)

氏名 山田 太郎

生年月日 1980年3月1日

学歴

2002年 3月 ○○大学 経済学部 卒業

職務経歴

2002年 4月 株式会社○○ 入社

2002年 4月 ~ 2004年 3月 営業部 配属

2004年 4月 ~ 2006年 3月 営業部 主任

2006年 4月 ~ 2008年 3月 営業部 課長

2008年 4月 ~ 2010年 3月 営業部 部長

2010年 4月 ~ 2023年 3月 ○○株式会社 代表取締役

資格・免許

・調理師免許 ・ソムリエ・食品衛生責任者

知的財産権

・申請中:特許 ○○○○

この略歴では、氏名、生年月日、学歴、職務経歴、資格・免許、知的財産権を記載しています。

職務経歴では、時系列で具体的な仕事内容や実績などを記載します。飲食店の経営者であれば、調理や接客、経営に関する経験をアピールしましょう。

資格・免許では、飲食店経営に関連する資格を記載します。調理師免許やソムリエの資格などは、飲食業界で一定のスキルや知識を有していることを証明できます。

知的財産権では、申請中のものも記載します。特許や商標などの知的財産権を取得していれば、創造性やビジネススキルをアピールできます。

この例文はあくまでも一例ですので、ご自身の経歴や創業の動機に合わせて、内容を修正してください。

いずみん

また、略歴を作成したら、読みやすいように文章を整えましょう。誤字脱字がないか、何度もチェックしておくことも大切です。

飲食店開業③|事業内容【商品・サービスセールスポイント!

飲食店の事業内容・商品・サービスとは、開業する予定の飲食店で提供するメニューやその特色、セールスポイントを記載したものです。

飲食店の事業内容・商品・サービスは、開業計画の重要な部分です。しっかりと内容を検討し、説得力のある創業計画書を作成しましょう。

取扱商品・サービスの内容

取扱商品・サービスの内容では、飲食店の主なメニューを記載します。

  • メニューの種類や内容(例えば、寿司、焼肉、ラーメンなど)
  • 平均の価格帯(例えば、1品あたり1,000円〜2,000円など)
  • 売上シェア(例えば、寿司が60%、焼肉が20%、ラーメンが20%など)

売上シェアは、営業中であれば過去数カ月の平均売上高から算出します。開業前に事業計画書を作る場合には、見込みの売上比率を書けば問題ありません。

セールスポイント

セールスポイントは、取扱商品・サービスの特色や魅力、売り文句を記載する部分です。

  • ほかの店とは違う自店独自の商品の特徴

金融機関はセールスポイントを見て、飲食店の将来性を判断します。

飲食店経営では、商品とお店のコンセプトが合致しており、創業の動機や略歴と一貫性があることが大切です。

セールスポイントでは、以下のような情報を記載します。

  • 【いずみん食堂】ほかの店とは違う自店独自の商品の特徴(例えば、寿司は新鮮なネタにこだわる、焼肉は黒毛和牛を提供するなど)

セールスポイントは、自店の強みや魅力をアピールするものです。ほかの店と差別化できる要素を具体的に記載しましょう。

飲食店のコンセプトと商品・サービスの内容は、一貫していなければなりません。例えば、ファミリー層をターゲットにした飲食店であれば、子供が楽しめるメニューやキッズスペースの設置など、子供向けのサービスを充実させる必要があります。

また、創業の動機や略歴とセールスポイントも、矛盾がないようにしましょう。例えば、創業の動機が「地元に愛されるお店をつくりたい」であれば、セールスポイントは「地元の食材をふんだんに使った料理」など、地元に根ざした内容になるようにしてください。

飲食店の事業内容・商品・サービスは、以下の3つのポイント
  1. 取扱商品・サービスの内容を具体的に記載する
  2. セールスポイントを明確にする
  3. 商品とお店のコンセプトが合致していること

飲食店開業④|取引先・取引関係の解説!

飲食店の取引先は、大きく分けて以下の3つに分けられます。

飲食店開業|取引先・取引関係の記載内容について!

取引先・取引関係の記載内容は、以下のとおりです。

  • 取引先名
    • 取引先の名称を記載します。
    • 個人顧客の場合は「一般顧客」「一般個人」と記載します。
  • 取引内容
    • 取引の種類を記載します。
    • 販売先の場合は「現金売上」「掛け取引」など、仕入先の場合は「食材」「酒類」「調理器具」など、外注先の場合は「調理」「配送」など、具体的に記載します。
  • 売上シェア(%)
    • 取引先ごとの売上高の割合を記載します。
    • 飲食店の場合は、一般顧客の割合が大きいため、100%になることが多いです。
  • 回収方法
    • 売上の回収方法を記載します。
    • 現金の場合は「現金回収(即金)」、掛け取引の場合は「掛け取引(○○%)」と記載します。
  • 支払い条件
    • 支払い期限を記載します。
    • 一般的には「月末締め翌月末払い」が多いです。
飲食店開業|取引先・取引関係の注意点

取引先・取引関係は、事業の安定性や収支の見通しを判断する上で重要な項目です。そのため、以下の点に注意して記載しましょう。

  • 取引先の規模や実績、信用状況などを把握し、適切な取引条件を設定しましょう。
  • 掛け取引の割合が大きいと、資金繰りに影響を与える可能性があります。
  • 支払い条件は、取引先と十分に話し合って決めましょう。

飲食店開業|取引先・取引関係・具体的な例

以下は、飲食店の取引先・取引関係の例です。

 取引先名 取引内容 売上シェア(%) 回収方法 支払い条件
一般顧客現金売上100現金回収(即金)
仕入先A食材70掛け取引(70%)月末締め翌月末払い
仕入先B酒類20掛け取引(20%)月末締め翌月末払い
外注先A調理10現金即金

この例では、一般顧客が売上の100%を占め、現金売上のみであるため、回収方法は「現金回収(即金)」と記載されています。また、食材や酒類の仕入れは、売上の70%と20%を占め、そのうち70%と20%が掛け取引であるため、回収方法は「掛け取引(70%)」「掛け取引(20%)」と記載されています。なお、支払い条件は、取引先と取り決めた月末締め翌月末払いと記載されています。

いずみん

あくまで例なので、支払い条件は取引先と話し合って無理のない条件で決めて下さい。

飲食店開業⑤|飲食店で働く従業員について【支払い条件や人数】

飲食店で従業員を雇うお店では、実際にお店に従事する予定の従業員の人数も記載します。 また、上記の取引先・取引関係などにも人件費の支払い項目があるため、そちらには給料の支払い条件を書きます。

飲食店の従業員数は、業態や規模によって異なります。

例えば、居酒屋やファミリーレストランなどでは、接客や調理のスタッフを数多く雇う必要があります。一方、高級レストランやバーなどでは、少人数で運営するケースもあります。

従業員数を記載する際には、以下の点に注意しましょう。

  • 実際に雇用する予定の人数を記載する
  • 役割や職種ごとに人数を分けて記載する
  • 将来的な増員の可能性も考慮して記載する

また、取引先・取引関係などにも人件費の支払い項目があるため、そちらには給料の支払い条件を書きましょう。

給料の支払い条件は、一般的には「月末締め翌月末払い」が多いです。ただし、業種や地域によっても異なるため、事前に確認しておきましょう。

具体的な例としては、以下のような記載が考えられます。

飲食店従業員

  • 従業員数:10名(接客スタッフ5名、調理スタッフ5名)
  • 給料の支払い条件:月末締め翌月末払い

この例では、接客スタッフと調理スタッフをそれぞれ5名ずつ雇用する予定です。

また、給料の支払い条件は、一般的に多い「月末締め翌月末払い」と記載されています。

飲食店開業⑥|借り入れについて【創業者・法人の代表者】

飲食店の借入れの状況は、創業者もしくは法人の代表者個人の借入れ状況を記載します。ここでいう借入れとは、飲食店経営に関係のない個人的な借入れです。

例えば、住宅ローンや自動車ローン、クレジットカードの残高などが挙げられます。

借入れの状況を記載する際には、以下の点に注意しましょう。
  • 借入れの種類(住宅ローン、自動車ローン、クレジットカードなど)
  • 借入れの金額
  • 借入れの残高
  • 借入れの返済条件(金利、返済期間など)

また、借入れの状況は、事業の安定性や経営者の財務状況を判断する上で重要な項目です。そのため、正確に記載するようにしましょう。

具体的な例としては、以下のような記載が考えられます。

  • 借入れの種類:住宅ローン
  • 借入れの金額:3,000万円
  • 借入れの残高:2,500万円
  • 借入れの返済条件:金利1.5%、返済期間35年

この例では、住宅ローンの借入れがあり、借入れの金額は3,000万円、残高は2,500万円、返済条件は金利1.5%、返済期間35年となっています。

なお、申し込もうとしている創業融資以外にも飲食店開業資金としてビジネスローンなどがあった場合でも、それらは記載しません。

いずみん

この項目は、事業とは関係のない個人的な借入れ状況を記載するものです。事業に関係する借入れは、事業計画書の他の項目で記載します。

飲食店開業⑦|必要な資金と調達方法の例【設備資金・運転資金】

飲食店の開業には、以下の2つの資金が必要です。

  • 設備資金
    • 店舗の改装費
    • 厨房機器・備品費
    • 什器・備品費
  • 運転資金
    • 食材費
    • 人件費
    • 光熱費
    • 広告宣伝費
    • 雑費
設備資金

設備資金は、店舗の改装費や厨房機器・備品費、什器・備品費など、開業時に必要な費用です。

店舗の改装費は、店舗の規模や内装のデザインによって異なります。厨房機器・備品費は、飲食店の業態や規模によって異なります。什器・備品費は、店舗のレイアウトや内装によって異なります。

運転資金

運転資金は、開業後の運営に必要な費用です。

食材費は、飲食店の売上高の約20〜50%を占める重要な費用です。人件費は、飲食店の売上高の約20〜30%を占める重要な費用です。光熱費は、店舗の規模や立地によって異なります。広告宣伝費は、飲食店の認知度を高めるために必要な費用です。雑費は、店舗の運営に必要なさまざまな費用です。

開業する資金について?調達方法

調達方法は、自己資金と借入金の2つに分けられます。

自己資金は、創業者やその家族の預貯金や、創業時に得た売掛金や未払金などです。借入金は、創業融資やビジネスローンなどです。

自己資金をできるだけ多く用意しておくことが望ましいですが、自己資金だけでは足りない場合は、借入金も活用しましょう。

必要な資金と調達方法を記載する際の注意点!

必要な資金と調達方法を記載する際には、以下の点に注意しましょう。

  • 項目ごとの金額を具体的に記載する
  • なぜその金額が必要なのかを説明する
  • 自己資金と借入金の割合を明確にする

いずみん

必要な資金と調達方法をしっかりと記載することで、金融機関から信頼を得て、創業融資の審査に通過しやすくなります。

飲食店開業⑧|ターゲット・競合分析の解説!

飲食店のターゲット・競合分析とは、誰をターゲットにするのかを明確にし、競合他社の状況を分析したものです。

ターゲット分析では、以下の項目を分析します。

  • 年齢層
  • 性別
  • 興味関心
  • ライフスタイル

ターゲットを明確にすることで、自店の強みや弱みが見えてきます。また、ターゲットに響く商品やサービスを提供しやすくなります。

競合分析では、以下の項目を分析します。

  • 競合他社の業態
  • メニュー
  • 価格帯
  • 立地
  • 広告宣伝

これらの項目を分析することで、競合他社の強みや弱みを把握することができます。

競合他社の強みや弱みを把握することで、自店の差別化ポイントを検討しやすくなります。

ターゲット・競合分析とは、誰をターゲットにするのかを明確にし、競合他社の状況を分析したものです。飲食店の場合は、ターゲットの年齢層や性別、興味関心、ライフスタイルなどを分析し、競合他社の強みや弱みを把握します。

ターゲット・競合分析をしっかりと行うことで、以下のメリットを得ることができます。

  • 自店の強みや弱みを把握できる
  • 差別化ポイントを検討できる
  • 市場のニーズを把握できる
  • 競合他社との競争に勝てる

いずみん

飲食店開業において、ターゲット・競合分析は非常に重要です。ターゲット・競合分析をしっかりと行うことで、飲食店の成功に近づくことができます。

飲食店開業⑨|マーケティング戦略を解説!

マーケティング戦略とは、ターゲットに商品やサービスをどのようにアピールするのかを記載したものです。飲食店の場合は、広告・宣伝、販促活動、販売促進などの戦略を記載します。

広告・宣伝

広告・宣伝は、マスメディアやインターネットなどを活用して、自店の存在や商品・サービスを広く認知させるための施策です。

飲食店の広告・宣伝では、以下の方法がよく用いられます。

  • 新聞・雑誌・テレビ・ラジオなどのマスメディアへの広告出稿
  • インターネット広告(バナー広告・リスティング広告・SNS広告など)
  • 看板・ポスター・チラシなどの街頭広告
  • イベント・セミナーなどの開催

販促活動

販促活動は、来店を促すための施策です。

飲食店の販促活動では、以下の方法がよく用いられます。

  • 割引券・クーポンの発行
  • ポイントカードの導入
  • 誕生日や記念日などの特典
  • 季節ごとのイベント開催

販売促進

販売促進は、売上を向上させるための施策です。

飲食店の販売促進では、以下の方法がよく用いられます。

  • テイクアウトやデリバリーの導入
  • 宅配サービスとの提携
  • 宴会プランの提供
  • 社員食堂への出店

いずみん

販売促進で売上を確保しやすいデリバリーやテイクアウトの施策は、はじめから導入を考えておくほうが早く黒字になりやすいです。

飲食店開業におけるマーケティング戦略の重要性とは?

飲食店開業において、マーケティング戦略は非常に重要です。

マーケティング戦略をしっかりと行うことで、以下のメリットを得ることができます。

  • 認知度を向上させ、新規顧客の獲得につなげることができる
  • リピート率を向上させ、安定した売上を確保することができる
  • 競合他社との差別化を図ることができる

マーケティング戦略をしっかりと行うことで、飲食店の成功に近づくことができます。

飲食店開業|マーケティング戦略のポイント

飲食店マーケティング戦略のポイントは、以下の3つです。

  • ターゲットを明確にする

ターゲットを明確にすることで、適切なマーケティング施策を検討することができます。

  • 差別化ポイントを打ち出す

競合他社との差別化ポイントを打ち出すことで、自店の魅力をアピールすることができます。

  • 効果を測定する

マーケティング施策の効果を測定することで、改善点を見つけてより効果的な施策につなげることができます。

いずみん

ターゲットを明確にし、差別化ポイントを打ち出して、効果を測定しながらマーケティング施策を実行することで、飲食店の成功に近づくことができるでしょう。

飲食店開業⑩|販売戦略について

販売戦略とは、どのように商品やサービスを販売するのかを記載したものです。飲食店の場合は、店舗の立地や営業時間、メニュー構成などの戦略を記載します。

店舗の立地|売上規模で立地を考える!

店舗の立地は、販売戦略において非常に重要な要素です。

店舗の立地を決める際には、以下の点に注意しましょう。

  • ターゲットのニーズに合った立地であるか
  • 競合他社との差別化を図れる立地であるか
  • 集客が見込める立地であるか
  • 雇用人数や回転率を考えての立地であるか

飲食店の営業時間|時間帯別売上を考える!

営業時間は、ターゲットのニーズに合わせて設定しましょう。

例えば、平日は仕事帰りのサラリーマンをターゲットにする場合は、夜遅くまで営業するなどの工夫が必要です。

メニュー構成は、ターゲットのニーズや競合他社との差別化を図るために重要です。

例えば、健康志向の人をターゲットにする場合は、野菜やヘルシーな食材を使ったメニューを充実させるなどの工夫が必要です。

STEP1
ターゲット層を明確にする

商品開発の第一歩は、ターゲット層を明確にすることです。ターゲット層によって、好まれる味や価格帯は異なります。ターゲット層を明確にすることで、より多くの人に受け入れられる商品を開発することができます。

STEP2
競合店を調査する

競合店を調査することで、自店の強みや弱み、競合店との差別化を図ることができます。競合店のメニューや価格帯、サービスなどを調査して、自店の商品開発に活かしましょう。

STEP3
トレンドを押さえる

トレンドを押さえることで、時代のニーズに合った商品を開発することができます。食のトレンドや、SNSで話題になっているメニューなどを参考にして、商品開発に活かしましょう。

STEP4
試作を重ねる

商品開発は、試作を重ねて、味や価格、見た目などを調整していくことが大切です。実際にお客様に試食してもらって、フィードバックをもらうことも効果的です。

STEP5
販売計画を立てる

商品開発後は、販売計画を立てて、効果的に販売していくことが大切です。商品のターゲット層や、販売価格、販売方法などを検討して、販売計画を立てましょう。

飲食店の商品開発は、単に新しいメニューを作るだけではありません。ターゲット層を明確にし、競合店を調査して、トレンドを押さえた上で、試作を重ねて、販売計画を立てることが大切です。

いずみん

飲食店の商品開発は、お店の成長や集客につながる重要な取り組みです。上記のポイントを押さえて、効果的な商品開発を行いましょう。

飲食店開業|販売戦略の具体的な例を解説します!

以下に、飲食店販売戦略の具体的な例をいくつか挙げます。

  • ターゲットを若い女性に絞り、駅近の好立地に店舗を構え、SNSを活用した集客を強化する
  • ターゲットを高齢者層に絞り、健康志向のメニューを充実させ、早朝から夜遅くまで営業する
  • ターゲットをファミリー層に絞り、座席数を多く確保し、キッズスペースを設置する

このように、ターゲットや業態に合わせて、さまざまな販売戦略を検討することができます。

いずみん

ターゲットを明確にし、差別化ポイントを打ち出して、効果を測定しながら販売戦略を実行することで、飲食店の成功に近づくことができるでしょう。

飲食店開業⑪|財務計画について!

財務計画とは、事業の収支や資金繰りを予測したものになります。飲食店の場合は、売上高や営業利益、経常利益、当期純利益などの予測を記載します。

財務計画とは、事業の収支や資金繰りを予測したものになります。

飲食店の財務計画では、以下の項目を記載します。

  • 売上高
  • 売上原価
  • 販管費
  • 営業利益
  • 経常利益
  • 当期純利益

売上高は、飲食店の収入の源泉となるものです。

売上高を予測する際には、以下の点に注意しましょう。

  • ターゲット層のニーズを把握する
  • 競合他社の動向を把握する
  • 自店の強みや弱みを把握する

売上原価は、商品やサービスの原価を意味します。

売上原価を予測する際には、以下の点に注意しましょう。

  • メニュー構成を決める
  • 仕入れ先を決める
  • 仕入れ単価を決める

販管費は、売上原価以外の費用を意味します。

販管費を予測する際には、以下の点に注意しましょう。

  • 店舗の規模や立地を決める
  • 従業員数を決める
  • 広告宣伝費を決める

営業利益は、売上高から売上原価と販管費を差し引いたものです。

営業利益を予測する際には、以下の点に注意しましょう。

  • 売上高や売上原価、販管費を正確に予測する
  • 無駄な支出を削減する

経常利益は、営業利益に営業外収益と営業外費用を加減したものです。

経常利益を予測する際には、以下の点に注意しましょう。

  • 営業利益を正確に予測する
  • 営業外収益や営業外費用を正確に予測する

当期純利益は、経常利益に特別利益と特別損失を加減したものです。

当期純利益を予測する際には、以下の点に注意しましょう。

  • 経常利益を正確に予測する
  • 特別利益や特別損失を正確に予測する

飲食店開業|財務計画のポイント

飲食店の財務計画のポイントは、以下の3つです。

  • 現実的な数字を予測する

無理な予測を立ててしまうと、実際の収支と大きく乖離し、経営に支障をきたす可能性があります。

  • 定期的に修正する

経営環境は常に変化するため、財務計画は定期的に修正する必要があります。

  • 目標を明確にする

財務計画は、経営の目標を達成するためのものです。目標を明確にすることで、経営の方向性を定めることができます。

いずみん

現実的な数字を予測し、定期的に修正しながら、目標を達成するための財務計画を立てましょう。

飲食店開業⑫|事業の見通しの例

創業当初の見通しから1年~3年後の収支の予測をしましょう!

計算式
  • 客単価:メニューの平均単価
  • 来店客数:ターゲット層の人口や競合他社の来店客数を参考に予測
  • 商品原価率:メニューの原価率(食材費や人件費などの原価を売上高で割ったもの)
  • 販管費率:販管費を売上高で割ったもの
 項目 金額 根拠 計算式
売上高1,000万円ターゲット層のニーズや競合他社の動向を踏まえて予測客単価×来店客数
売上原価600万円メニュー構成や仕入れ先、仕入れ単価を踏まえて予測商品原価率×売上高
販管費400万円店舗の規模や立地、従業員数、広告宣伝費などを踏まえて予測販管費率×売上高
営業利益0円売上高から売上原価と販管費を差し引いたもの売上高-売上原価-販管費
 項目 金額 根拠 計算式
売上高2,000万円ターゲット層のニーズや競合他社の動向を踏まえて予測客単価×来店客数
売上原価1,200万円メニュー構成や仕入れ先、仕入れ単価を踏まえて予測商品原価率×売上高
販管費800万円店舗の規模や立地、従業員数、広告宣伝費などを踏まえて予測販管費率×売上高
営業利益400万円売上高から売上原価と販管費を差し引いたもの売上高-売上原価-販管費

注意点
  • 売上高や売上原価、販管費は、ターゲット層や競合他社、自店の強みや弱みなどを考慮して、現実的な数字を予測する
  • 創業当初は、軌道に乗った後と比べて売上高や利益が少ないことを想定する
  • 軌道に乗った後も、競合他社の動向や経済情勢などの変化によって、売上高や利益が変動することを想定する
飲食店開業|【創業計画書】を作成する場合の注意点!
  • 客観的なデータに基づいて記載する

創業計画書は、あくまでも将来の見通しを示すものです。そのため、客観的なデータに基づいて記載し、実現可能性を高めることが大切です。

  • 具体的に記載する

創業計画書は、金融機関に具体的な事業内容や計画を伝えるものです。そのため、抽象的な表現ではなく、具体的な数値やデータなどを用いて記載しましょう。

  • 読みやすくわかりやすい文章にする

創業計画書は、金融機関の担当者が何度も読み返す可能性が高いため、読みやすくわかりやすい文章にすることが大切です。

飲食店の創業計画書は、金融機関から融資を受けるためには欠かせない資料です。しっかりと作成して、融資の可否を高めましょう。

ゆめ

創業の事業計画書って大変、出来ないかも

いずみん

計画書の作成に自信がない場合は、税理士や会計士などの専門家に相談することもおすすめです。

わたしは【ミセツク】がオススメです。

いずみん

物件探しは、飲食店開業において重要なポイントです。立地や物件の広さ、設備などを考慮して、自店に適した物件を見つけましょう。

物件探しをする際には、以下のポイントを押さえましょう。

  • 立地は集客の予定を考えましょう。回転率の高い料理であれば立地は大事ですが、高単価な回転率の低い料理であれば、好立地の家賃が高い物件は、開業後にコスト高になってしまう恐れもあります。
  • 物件の広さは人件費と電気代に関わるので適正な広さを考えましょう。スタッフや集客のボリュームによって広さも考えましょう。
  • 設備は工事費と現状復帰に関わるので見極めましょう。天井、壁、トイレ、電気設備、給排水設備、給湯器などの無い物件は初期投資が高いのと、退店時の現状復帰費用が高くなります。
  • 賃料は上限を決めましょう。賃料の高い物件を内覧すると、賃料の感覚が鈍くなりがちなので気をつけましょう。
  • 駐車場が必要な場合は申し出る。
  • 敷金・礼金または保証金などは、退店するときの現状復帰を考えて交渉しましょう。

飲食店の物件を探す方法は、大きく分けて以下の3つです。

  1. 不動産会社に依頼する
  2. 自分で探す
  3. 知り合いや友人に紹介してもらう

1. 飲食店開業|店舗物件探しを不動産会社に依頼する

不動産会社に依頼すれば、希望する条件に合った物件を探してもらえます。また、不動産会社は、物件の情報を熟知しているので、物件の状態や周辺環境など、さまざまな情報を教えてもらうことができます。

不動産会社に依頼する際には、以下のポイントを押さえましょう。

  • 自分の希望を明確にする
  • 複数の不動産会社に依頼する
  • 内覧の際には、必ず立ち会う

2. 飲食店開業|店舗物件を自分で探す方法!

自分で探す場合は、インターネットや不動産情報誌などで物件情報を探すことができます。また、自分で物件を探すことで、不動産会社に仲介手数料を支払う必要がありません。

自分で探す際には、以下のポイントを押さえましょう。

  • インターネットや不動産情報誌をこまめにチェックする
  • 周辺のエリアを歩き回って、物件情報を探す
  • 不動産会社に相談する

3. 飲食店開業|空き物件を知り合いや友人に紹介してもらう

知り合いや友人に紹介してもらう場合は、間に入る仲介業者がいないため、仲介手数料を支払う必要がありません。また、知り合いや友人から直接情報をもらうことができるため、信頼できる情報源となります。但し退店のことも考えて保証金の金額は多めにしたほうが良いでしょう!

知り合いや友人に紹介してもらう際には、以下のポイントを押さえましょう。

  • 自分の希望を明確に伝える
  • 複数の人に紹介してもらう

ゆめ

飲食店の物件探しって大変そう

いずみん

わたしなら【ミセツク】にさがしてもらいます。

探す時間や居ぬき情報、移動費など考えたら、すごい金額になってしまうので、【ミセツク】の5万円は魅力的です。

飲食店開業に必要な資格とは? #フクナビ飲食店開業

ゆめ

飲食店開業に必要な資格を教えてください

いずみん

飲食店開業には、食品衛生責任者、防火管理者、酒類販売免許などの資格が必要です。その他にも、営業場所や提供するメニューによっては、必要な資格が異なる場合があります。以下で開業前に必要な資格を確認しておきましょう。

飲食店を開業したいと考えている方にとって、必要な資格は大きな関心事の一つでしょう。今回は、飲食店開業に必要な資格について、詳しく解説します。

1. 食品衛生責任者

食品衛生責任者は、食品営業を行う上で必ず必要な資格です。食品衛生に関する知識を持ち、食品の安全性を確保する責任を負います。

取得方法

  • 食品衛生責任者養成講習会を受講し、修了試験に合格する
  • 医師、獣医師、薬剤師、栄養士などの資格を持っている場合は、講習会の受講が免除される

2. 防火管理者

防火管理者は、火災発生時の避難誘導や初期消火などの防火管理を行う責任者です。飲食店は火災リスクが高いため、防火管理者を選任することが義務付けられています。

取得方法

  • 防火管理者講習を受講し、試験に合格する
  • 消防設備士などの資格を持っている場合は、講習会の受講が免除される

3. 酒類販売免許

酒類を提供する飲食店には、酒類販売免許が必要です。酒類販売免許には、小売免許と小売免許(組合等)の2種類があります。

取得方法

  • 都道府県知事または市町村長に申請し、許可を得る
  • 酒類販売講習会を受講し、試験に合格する必要がある

4. 調理師免許

調理師免許は、調理を行うために必要な資格です。ただし、調理師免許を持っていなくても、調理補助的な業務であれば従事できます。

取得方法

  • 調理師試験に合格する
  • 調理師養成施設で一定期間の訓練を受ける

5. その他の資格

上記以外にも、営業する場所や提供するメニューによっては、必要な資格が異なる場合があります。事前に確認しておくことが重要です。

飲食店を開業する際には、内装工事が必要不可欠です。内装・外装工事は、自店の雰囲気やコンセプトを表現する重要な要素です。

内装工事の費用は、店舗の規模や内容によって大きく異なりますが、数百万円から数千万円かかることも珍しくありません。

そのため、内装工事を始める前に、しっかりと見積もりを取って、予算内に収まるように調整することが大切です。

物件が決まったら、内装・外装工事を行います。

飲食店の内装工事のお見積もりは、大きく分けて以下の3つの項目で構成されています。

設計費用

設計費は、内装の設計・デザインを行うための費用です。内装業者の技術力や経験によって、費用に大きな差が出ます。

工事費用

工事費は、内装工事を行うための費用です。工事の内容や規模によって、費用は大きく異なります。

諸経費用

諸経費は、工事現場で必要な材料費や、現場監督の人件費などの費用です。

見積もりのメリットとデメリット

見積もりを取るメリットは、以下のとおりです。

  • 費用を把握することができる
  • 工事内容を把握することができる
  • 業者の比較検討ができる

デメリットは、以下のとおりです。

  • 見積もりに時間と手間がかかる場合がある
  • 業者によって見積もり金額が異なる場合がある

見積もりの必要場面で費用を適正価格にるために、必ず見積もりを依頼しましょう!

見積もりは、以下の場面で活用できます。

  • 内装工事の予算を決める際に
  • 業者を選定する際に
  • 工事の進捗状況を把握する際に

飲食店開業内装工事|お見積もり内容のチェックをして下さい!

見積もり書には、以下の項目を記載するようにしましょう。

  • 工事内容
  • 工事期間
  • 工事費用
  • 支払方法

また、見積もり書に記載されている内容について、不明な点があれば、必ず業者に確認しましょう。

飲食店開業内装工事|プランは3種類からなります!(プラン名は各社で異なります)

おすすめな種類(プラン)

見積もりは、以下のプランに分けて依頼することができます。

  • フルプラン
  • 基本プラン
  • セミオーダープラン

フルプランは、設計から施工まで、すべて業者に任せられるプランです。

基本プランは、設計と施工の一部を業者に任せ、一部を自分で行うプランです。

セミオーダープランは、設計と施工の一部を業者に任せ、一部を自分でカスタマイズするプランです。

ゆめ

工事って、いろいろ大変で高そう

いずみん

ゆめさんの大変さなら【ミセツク】が解決します。工事関係の知識が強いので、お値段がお安くなるようにご相談ができます。

もしもの、、、お店をやめるときの現状復帰の金額も、最初にご相談できます。

飲食店を経営する上で、什器(じゅうき)は欠かせないものです。

什器とは、店舗に設置する机や椅子、厨房機器などの設備や備品のことを指します。

什器は、店舗の雰囲気や機能に大きく影響するため、しっかりと選ぶことが大切です。

複数の業者から見積もりを取ることで、価格や品質を比較検討することができます。

また、複数の業者から見積もりを取ることで、業者の対応や信頼性なども比較することができます。

納期を確認して、開業予定日までに間に合うかどうかをチェックしましょう。

什器の種類や仕様によって、納期は異なります。

例えば、テーブルや椅子などの一般的な什器は、1〜2週間で納品されることが多いです。一方、厨房機器などの特殊な什器は、1〜2ヶ月かかることもあります。

保証内容を確認して、万が一のトラブルに備えましょう。

什器の保証内容には、以下のようなものがあります。

  • 初期不良保証
  • 修理保証
  • 交換保証

初期不良保証は、商品到着後一定期間内に、不良品があった場合に無料で交換してもらえるものです。修理保証は、商品の使用中に故障した場合に、無料で修理してもらえるものです。交換保証は、修理が困難な場合などに、無料で交換してもらえるものです。

保証内容は、業者によって異なります。

例えば、大手業者の場合は、3〜5年程度の保証が付いていることが多いです。一方、中小規模の業者の場合は、1〜2年程度の保証しか付いていないこともあります。

いずみん

しっかりと仕様を検討して、複数の業者から見積もりを取ることで、納得のいくお見積もりを見つけることができます。

什器を使用するメリットは、以下のとおりです。

  • 店舗の雰囲気を演出できる
  • 機能性を向上させられる
  • 作業効率をアップさせられる

一方、什器を使用するデメリットは、以下のとおりです。

  • 初期費用がかかる
  • メンテナンスや修理が必要になる

什器は、さまざまな場面で活用することができます。

  • テーブルや椅子:お客様の座席として使用
  • 厨房機器:料理の調理や提供に使用
  • 照明や空調:店舗の雰囲気を演出するために使用
  • 看板やメニュー:店舗の案内や宣伝に使用

什器には、さまざまな種類やプランがあります。

  • テーブルや椅子:木製、スチール製、プラスチック製など
  • 厨房機器:ガスコンロ、冷蔵庫、オーブンなど
  • 照明:LED照明、蛍光灯照明など
  • 空調:エアコン、扇風機など
  • 看板:立て看板、電飾看板など

什器の料金は、種類やプランによって異なります。

  • テーブルや椅子:数千円〜数万円
  • 厨房機器:数万円〜数十万円
  • 照明:数万円〜数十万円
  • 空調:数万円〜数十万円
  • 看板:数万円〜数百万円

【飲食店開業に必要なものの什器】注意点

調理設備を依頼する際には、以下のポイントを押さえましょう。

  • 仕様を明確にする

什器のサイズや材質、仕様などを明確にしましょう。

  • 複数の業者から見積もりを取る

複数の業者から見積もりを取ることで、比較検討することができます。

  • 納期を確認する

納期を確認して、開業予定日までに間に合うかどうかをチェックしましょう。

  • 保証内容を確認する

保証内容を確認して、万が一のトラブルに備えましょう。

什器の仕様を明確にすることで、見積もりの精度を高めることができます

什器の仕様には、以下のようなものがあります。

  • サイズ
  • 材質
  • 仕上げ
  • 機能

また、什器の種類によって、必要な仕様も異なります。

いずみん

例えば、テーブルや椅子の場合は、サイズや材質、色、座り心地などが重要です。一方、厨房機器の場合は、機能や容量などが重要です。

什器を設置する際には、以下の点にも注意しましょう。

  • 店舗の広さやレイアウトに合わせて選ぶ
  • ターゲット層や業態に合ったものを選ぶ
  • 安全性や耐久性を確認する

ゆめ

飲食店の設備って高そう

いずみん

大丈夫です。

【ミセツク】ならメーカーとお話しして少しでもお安くしてくれます。

交渉も込みの5万円です。

開業に必要な知識を学びましょう!飲食店の開業記事 オープンロードマップ