ゆめ

飲食店の店舗物件選びで失敗しない方法が知りたい!

いずみん

フクナビ飲食店開業の【いずみん】が、失敗しない物件の選び方を解説いたします。


飲食店を開業する際には、店舗物件選びが最も重要なステップのひとつです。

物件選びを間違えると、せっかくのお店も成功に導くことが難しくなります。

そこで今回は、飲食店の店舗物件選びで失敗しないための5つのポイントをご紹介します。

これらのポイントを参考に、失敗のない物件選びを進めましょう。

いずみん

「飲食店の店舗物件選びは、お店の成功を左右する重要なステップです。物件選びを間違えると、せっかくのお店も成功に導くことが難しくなります。

そこで、今回は飲食店の店舗物件選びで失敗しないための5つのポイントをご紹介します。」

1. 立地条件を最優先に考える

飲食店の店舗物件の立地条件は、お店の成功を左右する最も重要な要素です。立地条件が悪いと、いくら美味しい料理やサービスを提供しても、お客様を呼び込むことが難しくなります。

立地条件を最優先に考える際には、以下のポイントをチェックしましょう。

  • ターゲットとなる顧客の居住エリアや職場エリア
  • 競合店の状況
  • 交通アクセス
  • 周辺環境

ターゲットとなる顧客の居住エリアや職場エリア

ターゲットとなる顧客の居住エリアや職場エリアに近い立地を選ぶことで、お客様の来店を促すことができます。

例えば、ファミリー層をターゲットにするなら、住宅街や駅近の立地がおすすめです。また、ビジネスマンをターゲットにするなら、オフィス街や駅近の立地がおすすめです。

競合店の状況

競合店の状況を把握することで、自店の差別化を図ることができます。

例えば、競合店が多いエリアでは、価格やサービスで差別化を図る必要があります。また、競合店が少ないエリアでは、立地の良さを活かして、集客を図ることができます。

交通アクセス

交通アクセスの良い立地を選ぶことで、お客様の来店を促すことができます。

例えば、駅近の立地や、バスやタクシーの便が良い立地がおすすめです。

周辺環境

周辺環境の良さも、お客様の来店を促すポイントです。

例えば、公園や図書館などの公共施設があるエリアや、おしゃれなショップやカフェが立ち並ぶエリアがおすすめです。

飲食店の店舗物件を選ぶ際には、立地条件を最優先に考え、ターゲットとなる顧客のニーズを満たす立地を選ぶことが大切です。

いずみん

「立地条件は、飲食店の成功を左右する最も重要な要素です。客層や客単価、売上目標などを考慮して、ターゲットとなる顧客に最適な立地を選ぶことが大切です。」

2. 客席数や厨房の広さを確認する

飲食店物件の客席数や厨房の広さを確認するには、不動産会社に相談するのがおすすめです。

不動産会社は、物件の詳細情報を把握しており、客席数や厨房の広さについても、正確な情報を提供することができます。

また、不動産会社によっては、物件の図面や写真などを用意している場合もあります。

図面や写真を見ることで、客席数や厨房の広さのイメージをつかむことができます。

具体的には、以下の点を確認するとよいでしょう。

  • 客席数:最大で何人収容できるか
  • 厨房の広さ:調理器具や食器を置くスペースが十分にあるか
  • 厨房の設備:必要な設備が揃っているか

また、客席数や厨房の広さは、お店の規模や運営スタイルによっても変わってきます。

例えば、大規模なレストランを経営する場合は、多くの客席数と広い厨房が必要になります。一方、小規模なカフェや居酒屋を経営する場合は、それほど大きな客席数や厨房は必要ありません。

そのため、お店の規模や運営スタイルを明確にした上で、不動産会社に相談するとよいでしょう。

いずみん

「飲食店の店舗物件選びは、お店の成功を左右する重要なステップです。今回ご紹介したポイントを参考に、失敗のない物件選びを進めましょう。」

飲食店物件の客席数や厨房の広さを確認するのポイントの説明!

  • 不動産会社に相談する

不動産会社は、物件の詳細情報を把握しており、客席数や厨房の広さについても、正確な情報を提供することができます。また、不動産会社によっては、物件の図面や写真などを用意している場合もあります。

  • 物件の図面や写真を確認する

図面や写真を見ることで、客席数や厨房の広さのイメージをつかむことができます。

  • 客席数や厨房の広さを確認する

具体的には、以下の点を確認するとよいでしょう。

* 客席数:最大で何人収容できるか

* 厨房の広さ:調理器具や食器を置くスペースが十分にあるか

* 厨房の設備:必要な設備が揃っているか

  • お店の規模や運営スタイルを明確にする

客席数や厨房の広さは、お店の規模や運営スタイルによっても変わってきます。そのため、お店の規模や運営スタイルを明確にした上で、不動産会社に相談するとよいでしょう。

飲食店物件の客席数や厨房の広さを確認する際のポイント!
  • 不動産会社に相談する
  • 物件の図面や写真を確認する
  • 客席数や厨房の広さを確認する
  • お店の規模や運営スタイルを明確にする

これらのポイントを押さえることで、飲食店物件の客席数や厨房の広さを正確に把握することができます。

また、厨房の設備や内装についても、事前に確認しておきましょう。

いずみん

「客席数や厨房の広さは、お店の規模や運営スタイルを決める重要な要素です。客席数は、ターゲットとする顧客層や売上目標に合わせて検討しましょう。厨房の広さは、提供するメニューやオペレーション方法に合わせて検討しましょう。」

フクナビ飲食店!開業時の店舗物件の予算をしっかりと決める方法?

これらのポイントを押さえることで、飲食店の開業時の店舗物件の予算をしっかりと決めることができます。

具体的には、以下の手順で予算を決めるとよいでしょう。

物件の相場を調べる

物件の相場を調べることで、予算内で物件が見つかるかどうかを判断することができます。

予算を決める

立地条件、お店の規模や運営スタイル、物件の相場などを考慮して、予算を決めましょう。

内見して確認する

物件情報だけでは、実際にお店を運営するイメージを膨らませることは難しいものです。必ず、実際に内見して、お店の雰囲気や設備などをしっかりと確認しましょう。

飲食店の店舗物件の予算を決める際に注意してほしいこと!

また、予算を決める際には、以下の点にも注意しましょう。

  • 家賃以外の費用も考慮する

家賃以外にも、敷金・礼金、改装費、設備費、内装費など、さまざまな費用がかかります。そのため、家賃以外の費用も考慮して、予算を決めましょう。

  • 予算に余裕を持つ

予算に余裕を持つことで、想定外のトラブルや、将来的な店舗の拡大などに備えることができます。

飲食店の開業は、大きな投資が必要です。予算をしっかりと決めることで、失敗を防ぎ、成功に近づくことができます。

いずみん

「飲食店の店舗物件は、家賃や敷金・礼金、改装費など、まとまった費用がかかります。予算をしっかりと決めずに物件探しを始めてしまうと、予算オーバーで物件を決めてしまうことにもなりかねません。家賃相場や改装費の目安などを調べて、予算をしっかりと決めておきましょう。」

フクナビ飲食店開業!店舗物件の不動産会社を複数社に相談する理由?

飲食店の開業は、人生の大きなチャレンジです。しっかりとした準備と情報収集をすることで、成功に近づくことができます。

飲食店開業、店舗物件の不動産会社を複数社に相談する理由

  • より多くの物件情報を入手できる

不動産会社によって、扱っている物件情報は異なります。そのため、複数の不動産会社に相談することで、より多くの物件情報を入手することができます。

  • より良い物件を見つけられる可能性を高める

不動産会社の担当者によって、物件の評価や紹介の仕方なども異なります。そのため、複数の会社に相談することで、より良い物件を見つけられる可能性を高めることができます。

  • 相場を比較検討できる

同じ物件でも、不動産会社によって家賃や条件などが異なる場合があります。そのため、複数の会社に相談することで、相場を比較検討することができます。

  • 信頼できる不動産会社を見つけられる

不動産会社によって、サービスの質や対応力は異なります。そのため、複数の会社に相談することで、信頼できる不動産会社を見つけることができます。

いずみん

「複数の不動産会社に相談することで、より多くの物件情報を入手することができます。また、不動産会社の担当者によって、物件の評価や紹介の仕方なども異なるため、複数の会社に相談することで、より良い物件を見つけられる可能性を高めることができます。」

フクナビ飲食店開業!店舗物件を不動産会社の相談の仕方?

飲食店の開業は、大きな投資が必要です。そのため、失敗を防ぎ、成功に近づくためには、しっかりとした情報収集と比較検討が重要です。複数の不動産会社に相談することで、より多くの情報を集め、より良い物件を見つけることができます。

不動産会社に相談する手順

  1. 不動産会社をリストアップする

エリアや業態、予算などに合わせて、不動産会社をリストアップしましょう。

  1. 不動産会社に相談する

リストアップした不動産会社に相談し、物件情報や条件などを比較検討しましょう。

  1. 複数の不動産会社と面談する

複数の不動産会社と面談することで、より具体的な話を聞いて、信頼できる不動産会社を見つけることができます。

また、不動産会社に相談する際には、以下の点に注意しましょう。

  • 明確な条件を伝える

立地条件や規模、業態、予算など、明確な条件を伝えることで、より適切な物件を紹介してもらえます。

  • 自分の希望をしっかりと伝える

自分の希望をしっかりと伝えることで、より良い物件を紹介してもらえます。

  • 内見を必ず行う

物件情報だけでは、実際にお店を運営するイメージを膨らませることは難しいものです。必ず、実際に内見して、お店の雰囲気や設備などをしっかりと確認しましょう。

いずみん

「物件情報だけでは、実際にお店を運営するイメージを膨らませることは難しいものです。必ず、実際に内見して、お店の雰囲気や設備などをしっかりと確認しましょう。また、内見の際には、営業時間帯に合わせて内見すると、より実際の利用状況をイメージしやすくなります。」

飲食店における家賃比率の目安を解説しています飲食店の家賃は売上の何%?成功への近道は「家賃比率」を知ること