飲食店を開業する際に、固定電話の導入を検討する人は多いのではないでしょうか。

しかし、最近では携帯電話の普及により、固定電話を導入しない飲食店も増えてきています。

そこで、今回は飲食店に固定電話は必要なのか、携帯電話で十分なのか、その理由とおすすめなキャリア回線を解説します。

飲食店に固定電話は必要なのか、携帯電話で十分なのか、その理由とおすすめなキャリア回線について解説しました。

結論としては、飲食店では携帯電話で十分です。

通話料が安い携帯電話を利用する方が、コスト削減や業務効率の向上につながります。

飲食店を経営する際には、ぜひ参考にしてみてください。

いずみん

また、私がおすすめするキャリア回線は、楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT VII」です。月額料金が2,980円(税込)で、データ通信が使い放題となっています。通話料も22円/30秒と、業界最安水準です。

フクナビ飲食店開業に固定電話は必要?携帯電話で十分な理由

固定電話のメリットは、信頼性が高いこと、固定費が安いこと、固定電話番号が使えることです。

しかし、近年では携帯電話の普及により、信頼性や固定電話番号の重要性が低下しています。また、携帯電話の通話料は固定電話に比べて安く、外出先からの通話も簡単です。

そのため、飲食店に固定電話を導入するメリットは、それほど大きくありません。

携帯電話で十分な理由は、以下のとおりです。

  • 通話料が安い
  • 外出先からの通話が簡単
  • 故障や停電のリスクが少ない

飲食店では、お客様からの予約や問い合わせの対応のために、電話の利用頻度が高いです。そのため、通話料が安い携帯電話を利用する方が、コスト削減につながります。

また、飲食店のスタッフは、配達や仕入れなどのために、外出することが多いでしょう。そのため、外出先からの通話が可能な携帯電話を利用する方が、業務効率の向上につながります。

さらに、携帯電話は故障や停電のリスクが少ないため、万が一の際にも安心です。

項目固定電話携帯電話
信頼性高い低い
固定費安い高い
通話料高い安い
外出先からの通話難しい簡単
故障や停電のリスクある少ない
固定電話番号使える使えない

固定電話のメリット

  • 信頼性が高い:固定電話は、アナログ回線を使用するため、通信品質が安定しています。また、停電時でも、非常用バッテリーで通話が可能です。
  • 固定費が安い:固定電話の月額基本料金は、携帯電話に比べて安い傾向にあります。
  • 固定電話番号が使える:固定電話番号は、法人や個人のビジネスで重宝されています。

固定電話のデメリット

  • 通話料が高い:固定電話の通話料は、携帯電話に比べて高い傾向にあります。
  • 外出先からの通話が難しい:固定電話は、外出先から通話するのが難しいです。
  • 故障や停電のリスクがある:固定電話は、故障や停電のリスクがあります。

携帯電話のメリット

携帯電話のメリットは、以下のとおりです。

  • 通話料が安い:携帯電話の通話料は、固定電話に比べて安い傾向にあります。
  • 外出先からの通話が簡単:携帯電話は、外出先から通話するのが簡単です。
  • 故障や停電のリスクが少ない:携帯電話は、故障や停電のリスクが少ない傾向にあります。

携帯電話のデメリット

携帯電話のデメリットは、以下のとおりです。

  • 固定費が高い:携帯電話の月額基本料金は、固定電話に比べて高い傾向にあります。
  • 固定電話番号が使えない:携帯電話は、固定電話番号が使えません。

固定電話と携帯電話のメリットとデメリットのまとめ

固定電話と携帯電話には、それぞれメリットとデメリットがあります。

固定電話は、信頼性や固定費の安さなどのメリットがありますが、通話料の高さや外出先からの通話の難しさなどのデメリットがあります。

一方、携帯電話は、通話料の安さや外出先からの通話のしやすさなどのメリットがありますが、固定費の高さや固定電話番号が使えないというデメリットがあります。

どちらの電話が適しているかは、利用シーンや予算によって異なります。

固定電話番号の重要性や、通話料の節約を重視する場合は、固定電話がおすすめです。

一方、外出先からの通話のしやすさや、通話料の安さを重視する場合は、携帯電話がおすすめです。

フクナビいずみんが使用中のおすすめキャリア回線は?

私がおすすめするキャリア回線は、楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT VII」です。

このプランは、月額料金が2,980円(税込)で、データ通信が使い放題となっています。

また、通話料も22円/30秒と、業界最安水準です。

飲食店では、電話の利用頻度が高いため、通話料が安いプランは必須です。

また、データ通信も使い放題であれば、外出先からの通話やインターネットの利用も安心です。

そのため、飲食店を経営する際には、楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT VII」を検討してみてはいかがでしょうか。

モバイル通信回線を使用したワイヤレスホームルーターもお得!

モバイル通信回線を使用したワイヤレスホームルーター(以下、モバイルルーター)とは、モバイル通信回線を使用してインターネットに接続する自宅据え置き型のルーターです。

コンセントに挿すだけでWi-Fiの電波が発生し、自宅にインターネット環境を作ることができます。

モバイルルーターのメリットは、以下のとおりです。

  • 工事不要ですぐに利用開始できる
  • 初期費用が安い
  • 月額料金が安い

工事不要ですぐに利用開始できるのは、モバイルルーターの最大のメリットです。

光回線やADSLを導入する場合は、工事費や立ち会いが必要で、数日~1週間程度の期間が必要となります。

しかし、モバイルルーターであれば、機器を受け取ったその日から利用開始できます。

また、初期費用が安く、月額料金も安いこともメリットです。

光回線やADSLの初期費用は、10万円~20万円程度かかる場合があります。

しかし、モバイルルーターの初期費用は、1万円~2万円程度に抑えることができます。

月額料金も、光回線やADSLに比べて安いプランが用意されています。

モバイルルーターのデメリットは、以下のとおりです。

  • 通信速度が遅い場合がある
  • 通信量制限がある場合がある

通信速度は、モバイル通信回線の品質によって異なります。

混雑する時間帯やエリアでは、通信速度が遅くなる場合があります。

また、通信量制限が設けられている場合、上限を超えると通信速度が低下したり、通信ができなくなったりする場合があります。

モバイルルーターの導入を検討する際には、以下の点に注意しましょう。

  • 通信速度を重視するなら、5G対応のモバイルルーターを選ぶ
  • 通信量制限を気にしないなら、データ通信量が無制限のプランを選ぶ

モバイルルーターの導入は、以下のシーンにおすすめです。

  • 固定回線の工事ができない場合
  • 固定回線の月額料金を安くしたい場合
  • テレワークやオンライン授業などで、自宅でインターネットを頻繁に利用する場合

いずみん

モバイルルーターは、工事不要ですぐに利用開始できる、初期費用や月額料金が安いなどのメリットがあります。固定回線の工事ができない場合や、固定回線の月額料金を安くしたい場合などに、おすすめです。

夢の飲食店開業、実現への道!成功の鍵は「準備」と「計画」夢の飲食店開業、実現への道!成功の導くオープンロードマップ!