ゆめ

利益を上げるために、商談をしたいけど、取引会社さんとの関係の築き方がわからない!! どうしよう

いずみん

飲食店を経営する方々は取引会社さんと、どのようにして関係を築いていくかを常に心配なさっている事と思います、適切な関係を築いていけばお互いに信頼出来るパートナーとなり得ますので、この記事をきっかけにより良い関係を築いて下さい。

飲食店の経営において、食材仕入れは利益を左右する重要な要素です。

しかし、食材の価格変動や適切な仕入れ量の判断など、多くの課題があり、頭を悩ませているオーナーも多いのではないでしょうか?

まずは下記の内容を確認し、明日から実践できるようにしましょう。

  • 業者選び: 複数の業者を比較し、価格だけでなく品質や納期、サービスなども考慮して最適な業者を選びましょう。
  • 価格交渉: 業者との信頼関係を築き、積極的に価格交渉を行いましょう。
  • 食材の鮮度: 鮮度の高い食材を使用することで、顧客満足度向上につながります。
  • 適切な仕入れ量: 売上予測に基づき、適切な仕入れ量を計画することで、食材ロスを削減できます。
  • 在庫管理: 在庫管理を徹底することで、食材の鮮度を保ち、無駄なコストを削減できます。
  • 最新情報: 食材の価格変動やトレンド情報などを常に把握し、仕入れ戦略に活かしましょう。

以下の内容は、飲食店の利益を爆上げさせる食材仕入れの秘訣を、徹底解説します!

目次 [ close ]
  1. 飲食店の利益を大きく左右する食材仕入れ!【飲食店の食材仕入れ】で利益を爆上げさせるための3つのポイント!
    1. 【飲食店の食材仕入れ】具体的な実行内容!
    2. 【飲食店の食材仕入れ】のタイミングを逃さない!
    3. 【飲食店の食材仕入れの仕方】複数の仕入先から仕入れる!
    4. 【飲食店の食材仕入れ】の管理を徹底する!
    5. 【飲食店の食材仕入れ】3つのポイント!|メリットとデメリットと詳細方法
    6. 【飲食店の食材仕入れ】おすすめ方法!
    7. オールインワン型の食材仕入れサービスとは?
    8. オールインワン型の食材仕入れサービスについて具体的な説明!
  2. 飲食店が商品の仕入先変更を検討する場合の8っの注意点!
    1. 1. 明確な理由を説明する!
    2. 2. 1年間の価格保証をもらう!
    3. 3. 現在の商品を失う覚悟を持つ!
    4. 4. 現在の仕入先に再度お見積もりを依頼する!
    5. 5. 味が今以上か確かめる!
    6. 6. 価格の差ならロットの差で改善出来ないか相談する!
    7. 7. それぞれの担当営業の真剣さを見比べる!
    8. 8.仕入先とタッグを組む為に営業マンを選ぶ!ポイント
  3. 飲食店経験20年の経験から利益につながる方法!
    1. 商品の仕入れ見直しは半年に1回!
    2. 欠品【ピンチ】する商品は仕入れ会社見直しのチャンス!
    3. 店舗近くに冷凍倉庫があると便利!特に商社は冷凍庫会社を利用するので利点も多い理由
    4. 物流の価格高騰によって仕入先の変化! 仕入はネットで購入する時代

飲食店の利益を大きく左右する食材仕入れ!【飲食店の食材仕入れ】で利益を爆上げさせるための3つのポイント!

【飲食店の食材仕入れの仕方】複数の仕入先から仕入れる!

いずみん

飲食店の食材仕入れで利益を爆上げさせるためには、以下の3つのポイントを押さえることが重要です。

私は飲食店の経営では、仕入れの知識やノウハウがないと利益が出ないと思っています。

高値で仕入れてしまったり、欠品してしまったりして、利益を圧迫してしまうことも少なくありません。

そこで、この記事では、飲食店の食材仕入れで利益を爆上げさせる方法を、飲食店経営20年の経験を持つ筆者が解説します。

【飲食店の食材仕入れ】具体的な実行内容

  • 仕入れのタイミングを把握するために、市場調査を行う。
  • 複数の仕入先から仕入れるために、仕入れ先を探す。
  • 仕入れの管理を徹底するために、仕入れの履歴を記録したり、仕入れの予算を立てたり、在庫管理システムを導入したりする。

【飲食店の食材仕入れ】のタイミングを逃さない

いずみん

このように、食材の価格変動を把握し、仕入れのタイミングを逃さないようにしましょう。

食材の価格は、季節や天候、需要と供給によって変動します。そのため、仕入れのタイミングを逃さないようにすることが、利益を上げるためには欠かせません。

例えば、夏に旬を迎える食材は、収穫量が増えるため、価格が下がります。また、冬に寒さが厳しい地域では、暖かい地域から食材を運ぶコストがかさむため、価格が高くなります。

このように、食材の価格変動を把握し、仕入れのタイミングを逃さないようにしましょう。

【飲食店の食材仕入れの仕方】複数の仕入先から仕入れる

いずみん

複数の仕入先から仕入れることでメリットが増えます。

1つの仕入先からしか仕入れていると、価格交渉の余地がなく、高値で仕入れてしまう可能性があります。

そのため、複数の仕入先から仕入れることで、価格交渉の材料を増やし、より安く仕入れることができます。

また、1つの仕入先で欠品が発生しても、別の仕入先から調達することで、営業を継続することができます。

【飲食店の食材仕入れ】の管理を徹底する

いずみん

仕入の基本は、在庫を早く売上に変換することです。短時間で変換する習慣が大事です。

仕入れの量や金額を適切に管理していないと、欠品や余剰在庫が発生し、利益を圧迫してしまいます。

そのため、仕入れの量や金額を適切に管理し、欠品や余剰在庫を防ぐことが重要です。

仕入れの管理には、以下の方法が有効です。

  • 仕入れの履歴を記録する
  • 仕入れの予算を立てて管理する
  • 在庫管理システムを導入する

【飲食店の食材仕入れ】3つのポイント!|メリットとデメリットと詳細方法

いずみん

飲食店の食材仕入れ、3つのポイントにはメリットとデメリットがあります、必ず把握してから実行しましょう。

【飲食店の食材仕入れ】メリット

  • 食材の価格を下げることができ、利益を増加させることができる。
  • 欠品や余剰在庫を防ぐことができ、営業を安定させることができる。

【飲食店の食材仕入れ】デメリット

  • 仕入れの管理に手間がかかってしまう。
  • 仕入れ先との交渉や、複数の仕入れ先とのやり取りが煩雑になる。

【飲食店の食材仕入れ】おすすめ方法!

  • 複数の仕入先から仕入れたい場合は、オールインワン型の食材仕入れサービスを利用すると便利です。
  • 特定の食材を安く仕入れたい場合は、専門の食材仕入れサービスを利用するとよいでしょう。

オールインワン型の食材仕入れサービスとは?

いずみん

オールインワン型の食材仕入れサービスとは、食材の調達から配送、在庫管理までを一括で行うサービスです。

従来は、食材の仕入れには、卸売業者や問屋などの仕入れ先を探し、見積もりを取って、価格交渉をして、注文をして、配送を待つという、複数のステップが必要でした。

しかし、オールインワン型の食材仕入れサービスでは、これらのステップをすべてサービスが代行してくれるため、飲食店や小売店などの事業者は、食材の仕入れにかかる手間や時間を大幅に削減することができます。

オールインワン型の食材仕入れサービスについて具体的な説明!

オールインワン型の食材仕入れサービスは、さまざまな事業者が提供しています。具体的な例としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 食材宅配サービス

食材宅配サービスは、主に家庭向けに食材を配送するサービスですが、飲食店向けのメニューも提供している場合があります。飲食店向けのメニューでは、食材の調達・仕入れから納品、在庫管理までをワンストップで提供しています。

  • 卸売業者

卸売業者は、主に小売店や飲食店などの事業者向けに食材を販売しています。オールインワン型の食材仕入れサービスでは、食材の調達・仕入れだけでなく、納品や在庫管理も請け負っています。

  • 業務用食材のECサイト

業務用食材のECサイトは、インターネット上で食材を購入できるサイトです。オールインワン型の食材仕入れサービスでは、食材の調達・仕入れだけでなく、納品や在庫管理も請け負っています。

具体的なサービス内容は、事業者によって異なります。食材の種類や品質、納品頻度、価格など、自社のニーズに合わせてサービスを選択することが大切です。

以下に、オールインワン型の食材仕入れサービスを利用する際の注意点をまとめます。

  • サービス内容をよく確認する

サービス内容は、事業者によって異なります。食材の種類や品質、納品頻度、価格など、自社のニーズに合わせてサービス内容をよく確認することが大切です。

  • 複数の事業者を比較する

複数の事業者を比較することで、より自分に合ったサービスを選ぶことができます。サービス内容はもちろんのこと、価格やサポート体制なども比較して検討しましょう。

  • 試しに利用してみる

多くのサービスでは、トライアルや無料お試し期間を設けています。実際にサービスを利用してみて、自社に合っているかどうかを確認しましょう。

【飲食店の経営】で大切な原価「仕入れ先一覧」

仕入れは人件費と同じくらい大切なコストです、今回仕入れの仕入れ先との関係性による利益の広がり方を記事にしました。仕入方を一覧にしてみました。

  • 食品総合卸
  • 商店(八百屋・魚屋・肉屋など)
  • 業務用スーパー
  • スーパーマーケット
  • 専門商社(輸入品など)
  • 直接生産者(生鮮野菜・生鮮鮮魚など)
  • ネットショッピング

商品の仕入先を変更する際には、いくつかの注意点があります。

そこで今回は、商品の仕入先変更を検討する際の注意点について、解説します。

いずみん

商品の仕入先変更は、単純に価格や品質だけで決めるのではなく、さまざまな要素を考慮して慎重に判断する必要があります。

下記記の注意点を参考に、ご自身の店舗に合った仕入先を検討してみてください。

1. 明確な理由を説明する

仕入先を変更する際には、明確な理由を説明する必要があります。

理由が明確でないと、現在の仕入先が改善に取り組むきっかけにもなりません。

例えば、価格が安くなった、品質が向上した、物流が改善されたなど、具体的な理由を説明しましょう。

2. 1年間の価格保証をもらう

仕入先を変更する際には、1年間の価格保証をもらうことをおすすめします。

後から値上げを狙っている営業もいるため、価格が固定されていることを確認しておきましょう。

3. 現在の商品を失う覚悟を持つ

たとえ同じ商品でも、仕入先が変わると、鮮度や味が変わる可能性があります。

そのため、現在の商品を失う覚悟を持つことも大切です。

実際に商品を試食して、現在の商品と比べてどうかを判断しましょう。

4. 現在の仕入先に再度お見積もりを依頼する

仕入先を変更する前に、現在の仕入先に再度お見積もりを依頼しましょう。

現在の仕入先が価格や品質を改善することで、仕入先を変更する必要がなくなるかもしれません。

5. 味が今以上か確かめる

仕入先を変更する際には、味が今以上か確かめることも大切です。

味が落ちてしまうと、お客様に不満を与える可能性があります。

実際に商品を試食して、現在の商品と比べてどうかを判断しましょう。

6. 価格の差ならロットの差で改善出来ないか相談する

仕入先を変更する際には、価格の差ならロットの差で改善出来ないか相談しましょう。

例えば、ロットを大きくすることで、単価を下げられる可能性があります。

7. それぞれの担当営業の真剣さを見比べる

仕入先を変更する際には、それぞれの担当営業の真剣さを見比べることも大切です。

欠品が多い営業だと、売上に影響が出てしまいます。

担当営業と面談して、真剣に取り組んでいるかどうかを判断しましょう。

8.仕入先とタッグを組む為に営業マンを選ぶ!ポイント

私はヒット商品や売上や利益が上がる要素は仕入れ先の営業が一緒に考えてくれているかによると思います。良い業者を選ぶポイントはいくつかあります!

  • 売れている商品の案内をしてくれる。
  • 売れている業種の案内をしてくれる。
  • コミュニケーションをとる為、滞在時間を長くしてくれている。
  • サンプルの手配をしてくれている。
  • 納品日の相談ができる。
  • 納品ロットの相談ができる。
  • 電話対応が素早い。
  • 欠品が少ない。
  • 繁忙期の納品の相談ができる。
愚痴が多い営業から買ったら後が大変!

仕入先を変更する際、品質の良い商品を安く購入する場合に、愚痴が多い営業と取引をすると、後が大変になる場合があります。もし担当営業が辞めたしまった場合、後任の営業から値上げ告知があることがあります、そうならないように注意しましょう。

価格を重視する場合は、現在の仕入先と新規の仕入先の価格を比較し、半年~1年間の価格保証があるかどうかを確認しましょう。

また、品質を重視する場合は、実際に商品を試食して、現在の商品と比べてどうかを判断しましょう。

いずみん

このように、ご自身の店舗の状況に合わせて、注意点を活用してみてください。

飲食店経験20年の経験から利益につながる方法!

私が飲食店経験20年で利益に繋がる方法をいくつかご紹介いたします。以下に飲食店の皆さんに必要となる情報をお届けいたします。

商品の仕入れ見直しは半年に1回!

商品の仕入れ見直しは仕入れ業者を変えるのではなく、値上げを無くす為の防波堤になります。業者さんに本気を出して頂けるきっかけになればGOODです。

  • 取引業者の担当営業に仕入れ見直し月の設定を伝える。
  • 仕入れ見直し月の1か月前に告知する。
  • 5ヶ月間の仕入れ商品の月別仕入れ表を提出して頂く。
  • 値上げした商品リストを作成し、他の仕入れ取引業者に見積もりを依頼する。
  • 仕入れの金額が伸びている商品の値下げ交渉をする。

欠品【ピンチ】する商品は仕入れ会社見直しのチャンス!

メーカーによっては欠品を平気でする工場があります、問屋の管理を強くさせることが大事です。

私は利点が一つだけ生まれる時だと思います!それは商品の見直しのチャンスだと思います。

仕入れ価格の交渉や信用を失わず仕入れ先の変更がしやすいからです。

下記の内容を実行してみてください、仕入れに広がりが出てきます。

  • 欠品した場合、別のメーカーに見積もりを依頼する。
  • 欠品した理由を書面にて頂く。
  • 次回の納品の価格交渉をする。
  • 2社購買にする。

店舗近くに冷凍倉庫があると便利!特に商社は冷凍庫会社を利用するので利点も多い理由

商品の仕入れにはメーカー直納品、問屋納品、宅急便、混載便、引き取り便などがありますが、メーカーや食品卸問屋、商社によっては、近くの冷凍庫に預けて頂ける事もできる場合があります。

預ける納品数量は、大体が5ケース~10ケース単位が普通で、価格によっては20ケースになる可能性もあります。

店舗の近くに冷凍倉庫があるお店さんは必要な時だけ引き取りに行って便利に利用すると良いでしょう。

あくまでメーカーさんや問屋さんとの信頼関係によりますので、普段の関わり方をしっかりしないと交渉できないでしょう。

  • プライベート商品を製造できる可能性がある。
  • 引き取りに行くと値段が安くなる。
  • 欠品の可能性が減る。
  • 引き取りなので数量を調整できる。
  • 色々な商品を倉庫に集めて引き取る利点が出来る。

物流の価格高騰によって仕入先の変化! 仕入はネットで購入する時代

最近、最低賃金の引き上げやガソリンの高騰、NO残業等の変化によって物流業界に新たな動きが出てきました。

自社便の物流を持っていた食品卸会社さんが自社便をやめて宅急便で納品の仕方に変化していっています。

理由は自社便のコストメリットが少ないからです!ガソリンや人件費が高い、残業をさせない仕組み作りで人材不足。

なので配車のシフト運営が難しくなっているからです!記事を読んで頂いている方は「ルート営業」って御存知でしょうか?配送している社員が、配送先で商品の案内をし、売上を上げていくという昔ながらの物流営業の仕方を「ルート営業」と呼びます!卸問屋さんでは、その職種に営業と配送を分離するという動きが起きています。

以前の考えでしたら「社員が営業だけなら時間を持て余してしまうから駄目だよ」と言われていましたが、今の時代は残業無し、ガソリン高騰、最低賃金引上げ、などとコストの圧迫で少人数での専門分野の時代に変化しようとしています。

配送は1日のお届け出来る数が多くないとサービスダウンしてしまいます、そして1件あたりの配送単価が低いと利益が少ないのです。

今後は通信販売の卸売業者さんは「ネットストア」に商品の画像や詳細情報、価格を掲載し、電話やファックス、インターネットを通じて発注する時代となるでしょう。

ネットストアのメリット一覧

  • ロットや賞味期限
  • 配送地域
  • 支払い条件
  • 注文金額による送料の有無
  • 見積もりの手間
  • 物流
  • 営業のコストカット
  • 支払い保証(掛け払い会社の利用)

いずみん

通信販売の卸売業者さんは、小ロットでも配送料を支払えば1パックからでも発注できます、まとめて注文すれば送料が無料になるサービスも多く用いられています。

まずは考えての発注が大切になります。