ゆめ

じぶんのお店がほしい!

いずみん

念願の飲食店開業!夢の実現に向けて準備を進める中で、気になるのが「必要な資格」についてではないでしょうか?この記事では開業に向けた資格のお話しをさせて頂きます。参考にして頂けましたら嬉しいです。

実は、飲食店を始めるために必須な資格は2つだけ!

  • 食品衛生責任者: 食品の安全性を守るための知識と責任を持つ
  • 防火管理者: 火災発生時の避難誘導や初期消火を行う

しかし、その他にも、状況によって必要となる資格や、取得しておくと有利な資格も存在します。

  • 調理師免許: 調理の技術と知識を証明
  • 酒類販売免許: 酒類を提供するための許可
  • 営業許可: 営業場所や設備の基準を満たしている証明

この記事では、これらの資格について詳しく解説し、さらに、開業前に確認しておきたい情報や、資格取得のヒントも紹介します。

夢への第一歩を踏み出すための、確かな情報とサポートをお届けします!

飲食店経営者になるには?必要なもの|防火管理者と食品衛生責任者の資格!

飲食店経営者になるには?必要なもの|防火管理者と食品衛生責任者の資格を説明します

防火管理者はお客様あわせ、30人以上の収容人数に達する場合に必ず必要となる資格です。講習会に参加しなくてはなりません。

食品衛生責任者は都道府県の指定によって変わります、最近ではインターネットでの講習会が多く開催されています。

どちらも1日~2日以内に講習は終了いたします。インターネットの場合は時間や項目区切りで講習できます。

飲食店開業に必要|届出や資格について!

飲食店を開業するためには、以下の届出や資格が必要です。

届出・資格概要提出先費用
開業届個人事業主が事業を開始したことを税務署に届け出るもの税務署無料
食品営業許可食品を調理したり、客に飲食させる営業を行う場合に必要な許可保健所1〜2万円程度
防火管理者選任届飲食店で30人以上を収容する場合に必要な届出消防署無料
開業届

開業届は、個人事業主が事業を開始したことを税務署に届け出るものであり、飲食店を開業する場合も必要です。開業から1ヶ月以内に提出する必要があります。

食品営業許可

食品営業許可は、食品を調理したり、客に飲食させる営業を行う場合に必要な許可であり、飲食店を開業する場合は必ず取得する必要があります。保健所に申請し、施設の検査に合格すると許可証が発行されます。

防火管理者選任届

防火管理者選任届は、飲食店で30人以上を収容する場合に必要な届出であり、防火管理者の選任とその旨を消防署に届け出ます。防火管理者になるためには、防火管理者講習を受講し、修了試験に合格する必要があります。

2022年6月1日に消防法が改正され、特定防火対象物(主に学校、病院、ホテルなど)の防火管理者選任基準が、30人以上から50人以上に引き上げられました。しかし、非特定防火対象物(主に飲食店、事務所、店舗など)の防火管理者選任基準は、従来通り30人以上で変更ありません。したがって、飲食店で防火管理者選任届が必要かどうかは、収容人員が30人以上かどうかで判断します。

飲食店の業態や規模によっては、以下の届出や資格が必要になる場合があります。

  • 深夜営業許可(深夜0時から翌5時までの営業を行う場合に必要)
  • 菓子製造業許可(菓子を製造する場合に必要)
  • 酒類販売業免許(酒類を販売する場合に必要)
  • 旅館業許可(宿泊施設を併設する場合に必要)

飲食店開業には、食品衛生責任者、防火管理者、酒類販売免許などの資格が必要です。その他にも、営業場所や提供するメニューによっては、必要な資格が異なる場合があります。開業前に必要な資格を確認しておきましょう。

酒類販売免許の詳細とは?種類と取得方法!

酒類販売免許の詳細とは?種類と取得方法を解説します

酒類を提供する飲食店を開業するには、酒類販売免許が必要です。今回は、酒類販売免許の種類、取得方法、費用、注意点などについて詳しく解説します。

1. 酒類販売免許の種類

酒類販売免許には、大きく分けて以下の2種類があります。

  • 小売免許: 酒類を小売販売する免許
  • 小売免許(組合等): 酒類販売免許を持つ複数の者が共同で小売販売を行う免許

2. 酒類販売免許の取得方法

酒類販売免許を取得するには、以下の手順が必要です。

  1. 営業所所在地の都道府県知事または市町村長に申請する
  2. 酒類販売講習会を受講し、試験に合格する
  3. 営業施設の基準を満たしていることを確認する
  4. 審査手数料を支払う

3. 酒類販売免許の費用

酒類販売免許の費用は、都道府県によって異なりますが、一般的には以下の費用がかかります。

  • 申請手数料: 1万円~2万円
  • 審査手数料: 1万円~2万円
  • 酒類販売講習会受講料: 5千円~1万円

4. 酒類販売免許の注意点

  • 酒類販売免許は、個人または法人にのみ付与されます。
  • 酒類販売免許は、営業所ごとに取得する必要があります。
  • 酒類販売免許の有効期限は5年間です。
  • 酒類販売免許の取得には、一定の要件を満たす必要があります。

5. 酒類販売免許に関するQ&A

Q1. 酒類販売免許の取得には、どのような要件が必要ですか?

A1. 酒類販売免許の取得には、以下の要件が必要です。

  • 満20歳以上であること
  • 禁治産者または準禁治産者でないこと
  • 懲役刑以上の刑に処せられたことがないこと
  • 酒類販売講習会を受講し、試験に合格していること
  • 営業施設が酒類販売免許の基準を満たしていること

Q2. 酒類販売免許の有効期限はどのくらいですか?

A2. 酒類販売免許の有効期限は5年間です。有効期限満了後は、更新手続きが必要です。

Q3. 酒類販売免許を取得せずに酒類を販売するとどうなる?

A3. 酒類販売免許を取得せずに酒類を販売すると、5年以下の懲役または500万円以下の罰金に処せられる可能性があります。

いずみん

酒類販売免許は、酒類を提供する飲食店にとって必須の免許です。取得には一定の手順と費用がかかりますが、事前に準備を進めることでスムーズに取得することができます。

免責事項

このブログ記事は、一般的な情報提供のみを目的としており、専門的なアドバイスを提供するものではありません。酒類販売免許の取得に関する具体的な情報は、必ず国税庁や各都道府県の税務署にご確認ください。

調理師免許の詳細を初心者にわかるように解説!

調理師免許の詳細を初心者にわかるように解説します

飲食店で調理業務に携わる方にとって、調理師免許は重要な資格の一つです。今回は、調理師免許の種類、取得方法、費用、更新方法、注意点などについて詳しく解説します。

1. 調理師免許の種類

調理師免許には、以下の3種類があります。

  • 1級調理師: 調理に関する高度な知識と技能を持つ
  • 2級調理師: 調理に関する幅広い知識と技能を持つ
  • 3級調理師: 調理の基本的な知識と技能を持つ

2. 調理師免許の取得方法

調理師免許を取得するには、以下の2つの方法があります。

  • 調理師試験に合格する: 毎年実施される試験に合格する必要があります。
  • 調理師養成施設で所定の課程を修了する: 厚生労働大臣指定の調理師養成施設で所定の課程を修了すると、調理師試験の受験資格が得られます。

3. 調理師免許の費用

調理師免許の費用は、受験方法や受験する都道府県によって異なりますが、一般的には以下の費用がかかります。

  • 受験料: 5千円~1万円
  • 養成施設の学費: 10万円~20万円

4. 調理師免許の更新方法

調理師免許は5年間有効で、有効期限満了後は更新手続きが必要です。更新手続きには、以下の書類が必要です。

  • 調理師免許証
  • 更新申請書
  • 手数料

5. 調理師免許の注意点

  • 調理師免許は、個人にのみ付与されます。
  • 調理師免許は、取得した都道府県以外でも有効です。
  • 調理師免許の取得には、一定の要件を満たす必要があります。

6. 調理師免許に関するQ&A

Q1. 調理師免許の取得には、どのような要件が必要ですか?

A1. 調理師免許の取得には、以下の要件が必要です。

  • 満18歳以上であること
  • 医師の診断書で健康であることを証明できること
  • 写真

Q2. 調理師試験の合格率はどのくらいですか?

A2. 調理師試験の合格率は、級によって異なりますが、1級は約30%、2級は約50%、3級は約70%です。

Q3. 調理師免許を取得せずに調理業務に携わるとどうなる?

A3. 調理師免許を取得せずに調理業務に携わると、30万円以下の罰金に処せられる可能性があります。

調理師免許は、調理を行うために必要な資格です。ただし、調理師免許を持っていなくても、調理補助的な業務であれば従事できます。

いずみん

調理師免許は、飲食店で調理業務に携わる方にとって、法的な義務はありませんが、就職や独立などに有利な資格です。取得には一定の努力が必要となりますが、将来のキャリアアップのためにも取得を検討してみてはいかがでしょうか。

免責事項

このブログ記事は、一般的な情報提供のみを目的としており、専門的なアドバイスを提供するものではありません。調理師免許の取得に関する具体的な情報は、必ず厚生労働省や各都道府県の担当窓口にご確認ください。

飲食店開業に興味がある方は、ぜひ参考にして下さい。夢の飲食店開業、実現への道!成功の導くオープンロードマップ!